フィギュアスケートのグランプリシリーズが今月末から始まる。浅田真央選手の復帰もあって盛り上がる中、なみなみならぬ決意でシーズンを迎えるのが小塚崇彦選手だ。

「小塚選手は’06年に世界ジュニア選手権で優勝し、’10年にはバンクーバー五輪に出場した輝かしい実績があります。しかし、股関節に故障を抱えており、ソチ五輪では代表落ち。今も完全な状態ではなく、今シーズンいっぱいで引退するのでは、という話もあります」(スポーツ紙記者)

今年7月にはフジテレビの大島由香里アナウンサーと婚約を発表。公私ともに大事な時期を迎えている小塚だが、思い描く幸福な未来に一点の曇りが生じている。

彼の父である嗣彦氏が女性から訴えられているというのだ。しかも、その理由が“強制わいせつ行為”だという。

「スケート業界では前から噂になっていた話です。今までなぜ表に出てこなかったのかが疑問なくらい。嗣彦さんはこの件があって、ここ数年はおとなしくしていますね。息子さんの試合にもあまり顔を出していないみたいです」(フィギュア関係者)

嗣彦氏は“スケート王国”と言われる名古屋で大きな影響力を持つ重鎮だ。彼自身もかつてはフィギュアスケートの選手として活躍していた。

「小塚崇彦選手の祖父にあたる光彦氏は、旧満州のチャンピオンになった選手です。’53年には、初となる愛知のスケートリンクの完成に尽力しました。日本にフィギュアスケートを根づかせた偉大な功労者ですね。

嗣彦氏は全日本選手権で3連覇を果たした名選手で、’68年のグルノーブル五輪に出場しました。引退後はコーチとして中部地区のジュニア育成に力を注ぎ、安藤美姫を指導したこともあります。奥さんの幸子さんもアイスダンスの選手でしたし、小塚家は由緒あるフィギュア一家なんです」(前出・スポーツ紙記者)

嗣彦氏が中京大学で選手育成の任に当たったのは、実績から考えれば当然だろう。しかし、彼を訴えたのは、その中京大でフィギュアスケートを学んでいた女性だった。嗣彦氏から指導も受けていた学生ということになる。

「過去にも、彼の女性関係が派手だったのは聞いています。以前から奥さんとも別居されているそうですよ。ずっとひとり暮らしでしたから、問題が起きる状況が作られてしまったのかもしれませんね」(前出・フィギュア関係者)

訴状などによると、事件があったのは’12年5月31日のこと。中京大非常勤講師としてスケートレクリエーションのコーチをしていた嗣彦氏の助手をしていたのが、スポーツ科学部に在学中だったAさん。

嗣彦氏から夕食に誘われて応じたところ、和食店に行くはずだったのに車が着いたのは彼の自宅だったという。

「学生の親がお礼の意味でコーチを食事に誘うことは珍しくありません。しかし、コーチと学生がふたりきりで食事をするということはなかなかないと思います。しかも自宅に連れていくというのはどう考えてもまずいでしょう」(前出・フィギュア関係者)

食事の後に腰に手を回し、ひざの上にAさんを後ろ向きに座らせようとした。Aさんが嫌がっても服の下から手を入れて胸をもみ、強引にキスをした。帰りたいと訴えても、わいせつ行為はやまなかった。

Aさんはそのショックで一時的に記憶障害に陥り睡眠障害に悩まされたとしている。前腕の打撲や腰椎捻挫などの外傷もあり、長期の通院を余儀なくされたという。