ハロウィンのパーティーに「お寿司」はいかが!? 身近な食材でかわいくデコる「ケーキすし」で、盛り上がっちゃおうっ!!

写真拡大

ハロウィンまでもうすぐ。みんなでホームパーティ♪ というときに悩むのが料理ではないでしょうか。そんなときに手軽においしくつくれるメニューを提案しま〜す!! 今年は身近な食材を使ってかわいくデコる「ケーキすし」はいかが!?

ミツカンは10月1日、新しい工夫やアイディアを加えた新しいお寿司の魅力を広げていく「広がる! SUSHI+(すしプラス)」キャンペーンをスタート。「お寿司なんて難しそう……」と思うかもしれませんが、意外や意外、カンタンにできちゃうんです。レシピを見たら、きっと作りたくなっちゃいますよ〜♪

【意外とカンタン!! 「ケーキすし」】

まず、ベーシックながら華やかでみんなが喜んでくれそうな「ケーキすし」をご紹介。作り方は、ケーキ型にすし飯を詰めて、真ん中にきゅうりとツナのマヨネーズ和えをはさみ、トッピングにイクラとスモークサーモン、アボカド、錦糸卵を飾るだけ。ね、カンタンでしょう〜。

同じような方法で、ちらし寿司風の「バラちらし風ケーキすし」、女子が大好きな組み合わせの「えびとアボカドのケーキすし」、具だくさんの「2色のフラワーケーキすし」なんかもできちゃいます! ケーキ型がない場合は牛乳パックで代用したり、生ハムやサーモンをお花のように巻くなどのプチアイディアも紹介されていて、これなら誰でも作れそうです。

【今年のハロウィン料理はコレで決まりっ!】

もっとハロウィンらしい一品を作りたいという人は、雑誌「サンキュ!」の主婦ブロガーが考案したレシピを参考にしてみて!!

ザ・ハロウィンな感じで作りたい人には「こうもりとかぼちゃのケーキすし」がオススメ。すし飯の間にトビコや黒ごまの層を作ることで、一気にハロウィンカラーに。ニンジンやタマゴでキャラクターを作れば、大盛り上がり間違いなし!!

ちょっぴり凝ったのを作りたい人は、3つのキャラクターを集結させた「ハロウィンフェイスケーキすし」はいかが。カボチャのおばけ「ジャック・オ・ランタン」は、鮮やかにゆでたエビを重ねて作っちゃうという斬新なアイディアで、みんなビックリしちゃうかも!?

このほか、手まり寿司をうまく使った「おばけ屋敷deハロウィンパーティーケーキすし」、かまぼこをおばけに見立てた「おばけ出没!? ケーキすし」、クッキー型でキャラクターを作る「ハロウィンサラダケーキすし」など、子どもたちが喜びそうなメニューも。詳しい作り方は、ミツカン「SUSHI+」をのぞいてみてくださいね。

いかがでしたか。工夫しだいでステキな「ケーキすし」ができちゃうんですねっ。ハロウィンはもちろん、誕生日会や女子会、忘年会など友達や仲間が集まる場にピッタリです。次のパーティは「ケーキすし」で盛り上がりましょっ!!

参照元:@Press ミツカン「SUSHI+」
執筆=シナモン (c)Pouch

画像をもっと見る