"写す"の実験室へ、ようこそ。

写真拡大

江戸東京博物館(東京都墨田区)は、2015年10月10日から12月6日まで特別展「浮世絵から写真へ―視覚の文明開化―」を開催する。

浮世絵をはじめとする絵と、幕末期に渡来した写真が、幕末から明治にかけて織りなした多彩な表現を紹介し、日本文化の近代化の一面を明らかにする。江戸時代の浮世絵と写真の接点、また、当時の浮世絵師、画家、写真家を紹介しつつ、時代が生んだ不可思議な作品の数々を楽しめる。

開館時間は、9時30分から17時30分(土曜日は午後19時30分まで)。入館は閉館の30分前まで。

観覧料(税込)は、一般1350円、大学生・専門学校生1080円、小学生・中学生・高校生・65歳以上は680円。10月9日までは前売り券を販売中。