「少女時代」のような美脚になりたいなら、フトモモよりも足首を鍛えよ!

写真拡大

 ローヒールやスニーカーが流行っていますが、どうしてもぺったんこシューズだと脚が細く見えないとお悩みの人もいますよね。

 でも、フトモモが太かろうが、逆に細かろうが、実は肝心のある部分が細くないと“美脚”に見えないパーツがあるんです。

 それが“足首”です。ここがキュッと締まっていると、足全体にメリハリが出て、キレイなレッグラインが出来上がるんですね。

 では、そもそも足首が太い原因って何だと思いますか? 実は足首が太い人のほとんどが“むくみ”が原因と言われています。

 そして、この足首の太さを解消するために大切なのがナント“筋肉”。足首そのものには筋肉はありませんが、そのまわりを鍛えることで、足首をキュッと細くすることができるのです。

 そんな足首を細くする具体的な方法を、フィットネス雑誌で活躍するライターさんが解説してくれました。まずは足首のむくみ対策から‥‥。

「アキレス腱の両側には『太谿(たいけい)』というツボがあります。手でアキレス腱を軽くつかみ、1分程度押し続けてください。むくみが解消してすっきりしますよ」

 また、片方の手で足首をつかみ、もう片方の手の指を足の指と絡ませ、足首をぐるぐる1分程度回すのも効果的だとか。

「続いては筋肉不足を解消する“かかと上げ運動”です。まずはまっすぐに立ち、壁などに手をついて体を支えます。その後、両足のかかとの上げ下ろしを10回セットでゆっくり行うだけ。上げる時に息を吸って、下げる時に息を吐くのがポイントです」(前出・フィットネス誌ライター)

 あくまでも無理のない範囲で、毎日続けるといいでしょう。きっと「少女時代」のような美脚になれますよ!