写真提供:マイナビニュース

写真拡大

キヤノンITソリューションズは10月5日、製造業や流通業向けに、業務ごとに適したアプリケーション製品を組み合わせてクラウド運用も含めた柔軟なシステム構成で提供する基幹業務トータル・ソリューションの新コンセプトとして、「AvantStage」(アバントステージ)を発表した。大手の製造業・流通業の企業を中心に、2017年までに50社の導入を目指す。

新コンセプトは、従来から同社が提供してきた業務システム・パッケージを組み合わせて、ユーザー企業に適した基幹業務システムを高品質・短納期・低コストで提供するという、Best of Breed型のトータル・ソリューション。 長年にわたる多くのシステム構築経験とノウハウを活用し、個々の業務システム間のシームレスな連携を実現しているという。また、オンプレミスとクラウドの双方に対応しているため、柔軟なシステム構成が可能としている。

なお、同コンセプトには同社製品の他、東洋ビジネスエンジニアリングの「MCFrame XA」やアスプローバの「ASPROVA」など、他社製品も含む。

(山本善之介)