バルセロナはセビージャに敗戦【写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナはリーガエスパニョーラ第7節セビージャ戦での1-2の敗戦により、リーグ戦2敗目を喫したが、これは10年以上ぶりの“記録”であるようだ。4日付け『マルカ』が報じた。

 同紙によると、バルセロナが最後にリーグ戦開幕から7試合で2敗を喫したのはクラブの暗黒時代の終わりをもたらしたフランク・ライカールト氏が監督に就任した2003/04シーズンまでさかのぼる。

 当時は7試合を終えて11位という順位に沈んでいるが、最終的に2位でシーズンを終えている。

 12年ぶりの低調スタートのバルセロナだが、現在首位ビジャレアルとは勝ち点差「1」で4位につけており、まだ十分に優勝を狙える位置にいる。果たして巻き返すことは出来るだろうか。

text by 編集部