シックな見た目が大人向け!「パレスホテル東京」にハロウィン限定スイーツ6点が登場

写真拡大 (全3枚)

そろそろハロウィンのシーズン。ケーキやパンのショーケースにも、おばけやカボチャがにぎやかに登場しているみたい。外苑を望む「パレスホテル東京」では、2015年10月1日(木)から31日(土)の期間、地下1階のペストリーショップ「Sweets & Deli」でおしゃれな限定スイーツ6点を販売。気になるラインナップについて広報担当者に話を聞いた。

写真)「ファントム」(486円)◆シックな見た目の「Halloween Sweets(ハロウィンスイーツ)」をチェック!


ハロウィン限定の「Halloween Sweets(ハロウィンスイーツ)」は、写真左から、カボチャのババロワをビターチョコレートでコーティングした「魔女の帽子」(648円)、おばけをモチーフにした「ファントム」(486円)、たっぷりの栗をカボチャクリームで包んだ「カボチャ風味のマロンシャンティイ」(682円)の3点。

シックな見た目の「魔女の帽子」は、ババロワの内側にホワイトチョコレートムースを包んでいるそう。「カボチャのクリーミーさとホワイトチョコレートのミルキーな味が口の中で重なり、お互いの風味が引き立ちます」(同)

シェフこだわりの「ファントム」は特に注目の一品。こちらはクリームマシュマロのシーツでカカオが香る大人味のチョコレートケーキを包んだスイーツで、グリオットチェリーが酸味を添える。

「クリームマシュマロは、ペストリーシェフがフランスの星付きレストランで学んだ卵白とゼラチンを使用したレシピで作ったもの。ふわっと柔らかい口溶けのよさが特徴です」(同)

「カボチャ風味のマロンシャンティイ」は、パレスホテルのシグニチャーアイテムとして1961年の開業時より提供されている「マロンシャンティイ」のハロウィンヴァージョン。通常は裏ごしした栗を生クリームで包んでいるのが、この期間は風味豊かなカボチャのクリームに。

◆お酒のお供にもぴったりの「Halloween Breads(ハロウィンブレッド)」


「Halloween Breads(ハロウィンブレッド)」は、写真手前から時計回りに、グリュイエールチーズがサンドされた「ハロウィンフーガス」(302円)、メープル風味の「カボチャのブリオッシュタルト」(280円)、困ったおばけの表情が印象的な「ゴーストパネトーネ」(302円)の3点がラインナップ。

クリームチーズとアーモンドクリーム、カボチャのフィリングを詰めた「カボチャのブリオッシュタルト」は、それぞれの濃厚な風味が味わえる仕上がり。「ゴーストパネトーネ」は、カボチャとオレンジが練り込まれたパンに、ホワイトチョコレートを重ねているとか。カボチャと柑橘類の意外なハーモニーを楽しんで。

「ブラックペッパーとベーコンを合わせた『ハロウィンフーガス』は、ぱりっとした食感でお酒といただくのもおすすめです。チーズの濃厚な風味で、特にワインとの相性抜群です」(同)

ホテルメイドならではの上質さと遊び心のあるスイーツは、大人のホームパーティにもぴったりのはず。