写真提供:マイナビニュース

写真拡大

メットライフ生命保険はこのほど、乳がんに関する意識調査の結果を明らかにした。同調査は8月11日〜18日、20代から50代の女性を対象に実施し、400人から有効回答を集めた。

乳がん検診を受ける必要があると思うかを尋ねたところ、84.0%の女性が必要と感じていることが判明。年代別に見ると、20代の若い層でも76.0%は検診が必要と認識しているということがわかった。

次に、乳がん検診を1年以上受けていない、または受けたことがない人に、毎年検診を受けない理由を聞くと、最も多い意見は「お金がかかるので」(40.1%)だった。次いで、「時間がない」(32.5%)、「年齢的に早いと思う」(22.0%)となっている。

特に、34歳以下で「年齢的に早いと思う」と回答した人は4割以上で、「検診の受け方がわからない」と回答した人も3割以上という結果になった。

乳がんに対して危機感や不安はあるかを尋ねたところ、「あまりない」「ない」の合計が54.8%と半数を超えた。一方で、45〜49歳の世代は、「危機感がある」「やや危機感がある」と回答した人の合計が56.0%と、もっとも危機意識を感じている世代であることが明らかとなった。

(フォルサ)