内野聖陽(左)と吉本実憂(右)

写真拡大

映画『罪の余白』の初日舞台挨拶が10月3日にTOHOシネマズ新宿で行われ、内野聖陽、吉本実憂、谷村美月、葵わかなの俳優陣と、主題歌を担当した金魚わかな、大塚祐吉監督が登壇した。

この記事(『罪の余白』初日舞台挨拶)、その他の写真を見る

本作は、女子高生の加奈が学校のベランダから転落死。加奈の父親で、大学で行動心理学者の教鞭を執る安藤(内野聖陽)は、娘の異変に気づかなかった自分を責めつつも、真相を追いはじめる。そんな時、加奈のクラスメート・咲(吉本実憂)が自宅を訪れ、娘の死に涙する。だが、実は彼女こそが、教師、生徒、警察の心を操り、スクールカーストの頂点に君臨する狡猾で残忍な悪魔のような少女だったとうストーリー。

内野は「中年のおっさんと16歳の少女が対決する構図に惹かれてお受けした作品が、こんなにもシリアスで素晴らしい作品になっていることを大変うれしく思っています」と挨拶。モンスター女子高生を演じた吉本は「闇のある役を演じてみたいと以前から思っていたのですが、実際に演じてみるとすごく難しかったです。監督や共演者のみなさんのおかげで何とか乗り切ることができました」と女優としての手応えを掴んだ様子だった。

また、激しい心理戦が繰り広げられ、「勝手に死ねば」「誰もあなたのこと必要としてないですよ」など“傷つくセリフ”が多数登場する本作にちなみ、脚本作りについて聞かれた大塚監督は「普段私が言っていることを詰め込んでみました。人を傷つけるのは私の専門職なので。でも途中から吉本さんも自発的に内野さんを傷つけてくれて助かりました」と撮影時のエピソードを披露すると、内野も「リハーサルの時にまず相手を傷つけることを言った後に台本のセリフを言うレッスンをしたのですが、吉本さんから『なんで芝居がそんなに大きいんですか』と言われました」と明かし、会場は笑いに包まれた。

さらに、司会から「追いつめられたいMタイプですか? 追いつめたいSタイプですか?」と質問され、内野は「僕はたぶんSですかね。でも、すごい人にいじめられたいという願望はあります。役者って結構そういうMな要素はあると思います」と回答。吉本は困りながら「うーん、ご想像にお任せします」と答えると、「いや、絶対Sですよ!あんなに人を罵倒できるんですから」と内野から、すかさず厳しいツッコミを受けていた。

劇中では敵対する役柄だったため、現場であまり会話を交わさなかったという内野と吉本。その後の印象については「役の関係上あまり会話をせず、緊張感を高めていましたが、撮影を終えて改めて素敵な女優さんだなと感じました」と内野が答え、吉本も「撮影を終え、取材の時にお話していて、内野さんって笑うんだなって思いました」と冗談交じりに答えていた。

内野聖陽、モンスター女子高生演じた吉本実憂に「だんだんムカついてきた」
国民的美少女グランプリの吉本実憂が内野聖陽を翻弄/映画『罪の余白』
[動画]セーラー服で始球式に臨んだ吉本実憂、ノーバン狙うもワンバンに
[動画]映画『罪の余白』予告編