(C)沙村広明/講談社 (C) 2017映画「無限の住人」製作委員会

写真拡大

木村拓哉が三池崇史監督と初タッグを組み、同名カリスマコミックを実写映画化する『無限の住人』に主演することが明らかになった。

キムタク主演『HERO』が公開31日間で観客動員300万人を突破!

原作「無限の住人」は、沙村広明が1993年から2012年に「月刊アフタヌーン」で連載し、圧倒的な画力と斬新な殺陣描写で、一躍剣客アクションコミックとして話題を呼んだ作品。単行本全30巻の累計発行部数が約500万部にのぼるカリスマコミックだ。

木村が演じるのは、不老不死の肉体を持つ主人公の万次。<百人斬り>と称される伝説の侍で、唯一の肉親である妹を眼前で殺され、自らも満身創痍で仇を討つ。そこに謎の老婆が現れ、「そう死に急ぐこともなかろう」と不老不死の肉体を与えられ、無限の命を生きることになるというストーリーだ。

これまでにも幾度か、実写映画化の企画が持ち上がるが、奇抜な衣装を身にまとう登場人物や独創的な武器が多数登場する独特の世界観、さらに主人公・万次が不老不死の肉体を持つという点などから、実現しなかった本作。それが、今回ようやく実現に至った理由の1つに、主人公の万次を演じる木村の存在が大きい。小岩井宏悦プロデューサーは「<死なない侍>という存在が数十年もトップの俳優として色あせない彼の存在感と重なり、アクションを具現化する身体能力、色気、この作品が持つ哲学を支えることができる人間力など、確かに彼しかいない」と、キャスティングの理由を明かす。

その木村にとって時代劇映画への出演は、2006年に公開され興行収入41億円を記録した山田洋次監督作『武士の一分』以来約10年ぶりとなる。今回、出演を決めた理由について、木村は「三池崇史さんという存在が大きかった」という。「映画監督が映画を撮りたいという前提で自分を欲してくれたということが一番大きかったです。映画監督に求められるというのは役者にとって最もありがたいことなので、『三池崇史監督が僕のことを要してくださった』という事実に、自分の中でなんかざわめいた、という気持ちがありました」とコメント。

原作については「好きな世界観。万次を『死ねない』と考えるか、『不死身』ととるかは一線上にあると思う」と作品のテーマに触れ、今回演じる万次については「今の社会では想像できないものすごい<痛み>を背負っているキャラクターなので、思いきりと、バランスの取り方をうまくやらないと、観てくださる方に納得してもらえない」と話している。

『無限の住人』は2017年に全国公開となる。

累計1000万部超の人気コミック「テラフォーマーズ」を三池監督が映画化!
さだまさし×大沢たかお×三池崇史。まさかの組み合わせから誕生した力強い生命讃歌
木村拓哉が『HERO』をオールアップ。松たか子との共演についてコメント
木村拓哉主演『HERO』が8年ぶりに映画化。松たか子も出演!