ソニーではネットワークカメラの技術を活かした食品工場向けの監視ソリューションに注力しており、今回の展示会でも豊富な製品ラインナップを活かした提案を行っていた(撮影:防犯システム取材班)

写真拡大 (全4枚)

 ソニーは東京ビッグサイトで2日まで開催されていた「フードセーフティージャパン2015」にて、4K対応ネットワークカメラを始めとした監視カメラソリューションの展示を行った。

 同社初の屋外対応4K対応ネットワークカメラ「SNC-VM772R」は当初8月の発売が予定されていたものの、その後、8月に12月中旬発売予定になると告知されていた。現在、準備は順調で、近日中に正確な発売日を告知できる状態だという。

 フードディフェンス向けソリューションとしては、統合映像監視ソリューション「FIREDIPPER」を活用した工場内の監視環境を提案していた。

 同ソリューションでは録画データの長期バックアップ環境として、ストレージシステム「Optical Disc Archive」(オプティカルディスク・アーカイブ)を採用し、業務用次世代光ディスク「オプティカルディスク・アーカイブメディア」をカートリッジ式にして使用することで、大容量データの長期保存を低コストで行うことを可能にしている。

 1カートリッジ12枚の「オプティカルディスク・アーカイブメディア」で構成されており、各ディスクは、300GBから1.5TBまでの容量に対応。ドライブ拡張ユニットにより更なる大容量保存にも対応する。

 この「Optical Disc Archive」を採用することで、ネットワークカメラの高解像度化に伴うストレージコストの増大という課題を抑制。従来のHDDやデータテープによる保存と比較すると、保存のために特別な環境を整える必要がないため、消費電力を大幅に削減し、結果として長期での管理コストを抑えることが可能になる。

■関連リンク
「食」の安心・安全特集
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI