競馬新理論 井崎脩五郎

11番勝ちまくりが示す激走

オールカマーのあった日、中山で第4レースが終わったあと検量室前へ行ったら、その第4レースをデピュティプライムが勝ったばかりのミルコ・デムーロ騎手が、「今日は11番ばっかりね」と笑いながら話していた。

ああ、言われてみれば、確かにその通り。朝の第1レースから順に、勝ったのはポットガゼール、アドマイヤモラール、ヴァシリーサ、デピュティプライムと、この日の中山は11番の馬ばかり勝っていたのだ。

こりゃあ、きっと、メーンのオールカマーも"11"関連だなと新理論で考え、レーシングプログラムを穴のあくほど眺めた。ゼッケン11番(タマモベストプレイ)では余りにもベタだから、何かほかに"11"関連はいないか。

すると、誕生日が11日という馬が1頭だけいた。4月11日生まれのミトラ。

前走G靴韮誼紊貿圓譴討い襪Δ┐法脚部不安で6か月半の休み明け。このステップでは、G兇離ールカマーで通用しないだろうということで人気薄だった。

ところがこのミトラが、オールカマーのゴール前、1〜3番人気で決まりかけたところへ突っ込んできて3着。3連単を2万4060円という波乱に押し上げてしまったのである。ミルコ・デムーロ騎手の言う通り、この日は"11"の日だったのだ。

■井崎脩五郎 プロフィール

1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。