厳選!2歳馬情報局(2015年版)
■第19回:ウムブルフ

 昔から「ブラッドスポーツ」と呼ばれるほど、競馬における血統の比重は大きい。血統を軸に、競走馬の能力や適性を考えるファンも多いだろう。そんな中、現代の競馬において注目を集めている血統がある。それが『ドイツ血統』だ。

 ドイツ血統とは、ドイツの競走馬生産界が独自に育んできた"ドイツ固有"とも言える血統である。サラブレッドの世界では、基本的に優良な血が国をまたいで広がっていくが、ドイツでは古くから、そういった世界的に流行する血統を取り入れず、ほぼ自国で生み出された血統だけで優秀な競走馬を輩出してきた。そして近年、そのドイツ血統を持つ馬が他国に輸出され、そこから活躍馬が出てきているのだ。

 日本で言えば、GI6勝の実績を残した女傑ブエナビスタ(牝)や、2010年のGI日本ダービー(東京・芝2400m)と、2012年のGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)を制したエイシンフラッシュ(牡)、さらに2012年のGI皐月賞(中山・芝2000m)で2着となったワールドエース(牡6歳)などが挙げられる。これらの活躍によって、日本でもドイツ血統の取り込みが盛んに行なわれるようになってきた。

 まもなくデビューする2歳馬の中にも、ドイツ血統を持つ注目の若駒がいる。ウムブルフ(牡2歳/父ディープインパクト)だ。

 ウムブルフの母系を見ると、ずらりとドイツのサラブレッドの名が並ぶ。例えば、母の父に当たるモンズーンは、かつてドイツの種牡馬リーディングを何度も獲得した名種牡馬だ。その重厚なドイツ血統を持つ母に、日本の種牡馬ディープインパクトをかけて生まれたのが、ウムブルフである。

 ウムブルフは、社台ファーム(北海道)にてデビュー前の育成が行なわれた。同ファームの青田力也氏は、春の時点でこの馬の印象をこう語っていた。

「この血統を扱うのは初めてですが、まず馬っぷりのよさ(馬体の立派さ)が目を引きましたね。早生まれ(2013年1月25日)ということもあって、力強さが目立っていますが、併せ持つこの馬のしっかりした雰囲気は、生まれた時期の問題だけではない、この馬の資質だと思います」

 青田氏は、何よりウムブルフの立派な「体のつくり」に目を奪われたという。そのうえで、同馬の動きについても絶賛した。

「育成の動きを見ても、楽しみにさせてくれる馬だと感じました。フットワークは父ディープインパクトの産駒らしく、弾んでいく感じがあります。まだまだこのあとも良化しそうですね」

 ウムブルフは、すでに美浦トレセンの堀宣行厩舎に移動。堀厩舎と言えば、今年のクラシック二冠(皐月賞、日本ダービー)を制したドゥラメンテ(牡3歳)などを管理する名門厩舎。9月24日の調教では、厩舎の先輩にあたり、6月のGI安田記念(東京・芝1600m)を制したモーリス(牡4歳)と併せており、陣営の期待の高さがうかがえる。

 デビュー戦の予定は、10月11日(日)の2歳新馬(東京・芝2000m)。旋風を巻き起こすドイツ血統から、新たな活躍馬が現れるのか。大牧場と名トレーナーが鍛え上げてきたウムブルフの初戦は必見だ。

河合力●文 text by Kawai Chikara