インテルはアウェイでサンプドリアと引き分けた【写真:Getty Images】

写真拡大

【サンプドリア 1-1 インテル セリエA第7節】

 イタリア・セリエA第7節が4日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルはサンプドリアとアウェイで対戦した。

 サンプドリアは38分、自陣でボールを奪うとそのままカウンターを仕掛け、ホアキン・コレアがシュートを放つ。一度はGKサミール・ハンダノビッチに防がれるも、ボールがゴール前に流れコレアがもう一度シュートを放った。だが、決定的なチャンスもゴール右に外してしまう。

 最大のチャンスを逃したサンプドリアだったが、51分に右サイドのペドロ・ペレイラからのクロスをルイス・ムリエルが中央で合わせ先制点を決めた。

 先にゴールを許したインテルだったが76分、右サイドからのクロスを相手守備陣がクリアしきれずペリシッチがつめて同点とする。その後はお互いにゴールを奪うことができず引き分けに終わった。長友はこの日もベンチ入りを果たしたが、出場はしていない。

 前節フィオレンティーナに敗れたインテル。なんとか連敗を避けることはできたが、首位のフィオレンティーナを上回ることはできなかった。次節、インテルはユベントスとの“イタリア・ダービー”を迎える。

【得点者】
51分 1-0 ムリエル(サンプドリア)
76分 1-1 ペリシッチ(インテル)

text by 編集部