レンズ交換式デジタル一眼カメラ「α7SII」ボディ

写真拡大

ソニーは35mmフルサイズExmor(エクスモア)CMOSイメージセンサーを搭載したレンズ交換式デジタル一眼カメラ、α7シリーズ「α7S II」を2015年10月16日に発売する。

広いダイナミックレンジと4K動画記録機能を小型ボディに凝縮

有効約1220万画素35mmフルサイズExmor CMOSイメージセンサーと画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズ エックス)を搭載。静止画・動画ともに常用ISO100〜102400、拡張は最高ISO409600の広い感度域を有し、高感度・低ノイズ撮影を実現した。

α7シリーズの中で最も感度性能が高くダイナミックレンジが広い。高速シャッターを使って動物の動きの一瞬を止めるような暗所撮影や、三脚を使わずに手持ちでスローシャッターを使って流れる滝の動感を表現するなど、幅広いシーンで撮影を楽しめる。光学式5軸手ブレ補正機能の搭載により、さまざまなレンズで手持ち撮影が可能。

速度・精度ともに進化したファストインテリジェントAFを搭載。イメージセンサーから得られる低ノイズの画像を生かして、暗所での撮影でも高速かつ高精度なオートフォーカスが可能。AF枠の多分割化により、更なるAF精度の向上を実現している。

有機ELパネルとZEISS(ツアイス) T*(ティースター)コーティングの接眼レンズを採用した「XGA OLED Tru-Finder」を搭載し、ファインダー倍率0.78倍を実現している。

動画機能は、フルサイズ領域で画素加算のない全画素読み出しによる高解像度4K動画本体内記録機能に対応し、記録フォーマットには高精細かつ圧縮ノイズの影響を抑えるXAVC Sを採用。

オープン価格。市場推定価格(消費税別)は、ボディのみ(Eマウント)で42万円前後。