写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IDC Japanは10月5日、2014年国内x86サーバ市場競合分析結果を発表した。これによると、同年の同市場は出荷額シェア、出荷台数シェアのいずれもNECが首位を獲得、第2位は富士通、第3位はヒューレット・パッカード(以下、HP)だったという。

上位3社はいずれも前年からシェアを拡大し、3社合計の出荷台数シェアは64.7%で、前年から2.2ポイント上昇した。

2014年のx86サーバ市場は、円安の影響によるコスト増を販売価格へ転嫁したこと、サーバ仮想化の導入によるメモリなどのオプション品搭載の増加によって平均単価が上昇し、出荷額が前年比7.8%増の3147億円となった。一方、出荷台数は同0.8%増の56万6000台だった。

ソケット別では、1ソケットのタワー型サーバの出荷台数シェアはNECが首位を占めているが、2ソケットのラックマウント型サーバとブレードサーバではHPが首位を獲得している。

さらに、高密度型サーバにおいては、ODM Directの出荷台数が全体の半数以上を占めるなど、製品カテゴリーによってベンダーランキングが異なっていることから、同社は「ベンダーは、自社の得意な製品カテゴリーのシェアを維持しつつ、現在シェアの低い製品カテゴリーの対策をとることにより同市場におけるシェアゲインを狙える」と見ている。