『東京のDEEPスポットに行ってみた!』(彩図社)

写真拡大

 アミューズメントスポットなら、東京スカイツリーや東京ディズニーランド、ショッピングなら、六本木ヒルズに東京ミッドタウンなどなど、東京は観光名所の宝庫。2020年の東京オリンピックを目指して、観光客を惹き付けるスポットはこれからますます増えていくことだろう。

 しかし、「東京」で楽しめる観光スポットはいまあげたような華やかなものばかりではない。ちょっと刺激的で「アングラ」な雰囲気を楽しめる観光スポットにも事欠かない街なのだ。最近出版された、のなかあき子『東京のDEEPスポットに行ってみた!』(彩図社)には、「るるぶ」や「じゃらん」などの観光ガイドには決して載らない、東京の秘められた一面が紹介されている。

 まず紹介されていたのは、品川区にある「アンダーヘアカットサロン」。ここは名の通り、陰毛を整えてくれる、シモの美容師さん。剃毛処理を専門とする男性用サロンであり、微妙な部位を扱う店ではあるが、風俗店ではない。

 そんな店が必要なの?と思う読者の方も多いかもしれない。そう思われる方は、一回、家にある適当なハサミで陰毛を切りそろえたり、カミソリで剃ったりしてみて欲しい。鋭利にカットされた毛や生えかけの毛が股間をチクチクと刺激し、日常生活を送ることが不可能なレベルの痒みに襲われるはずだ。筆者も経験があるので、その地獄のような苦しみがよく分かる。

 さて、本の中身に戻っていこう。著者である、のなかさんが選んだのは90分1万5000円のコース。担当してくれたのは、スレンダーな体型が印象的な熟女であったという。施術はいきなり下の毛の処理に入るのではなく、まずは全身指圧やマッサージから始まる。そして、仰向けになり、ついに陰毛の処理へ。

〈熟女は、火のついた線香を片手に微笑んでいた。
「これで毛を焼き切って、先端を丸くしていきますね」
 櫛で毛をすくいながら丁寧に毛先を焼き切ると、確かに毛先は丸みを帯びていた。
 チリチリという音と共に、毛のタンパク質が焦げる香りが線香の煙に溶けてゆく。
 恥骨に感じる線香の熱が、お灸のように心地良い......。
 江戸の遊女の間では、このように線香を使った毛の処理がポピュラーだったという。
 実際、この店にも女性の固定客がいるそうで、週にひとりは来店するとか。エステサロンに行くどの本格的な脱毛の必要はないが、少しだけ整えたいという女性の潜在的な需要は確かにあるかもしれない。
 ちなみに、カットのみなら8000円だ〉

 陰毛の処理というと、最近ではブラジリアンワックス脱毛がよく知られているが、あれは人によっては耐え難い苦痛を伴うとも聞くし、このような線香を使った方式なら手を出しやすいのかもしれない。また、こんな一文も載せられていた。

〈最初は好奇心で訪れていた男性客も、髪の毛のカットと同様、「そろそろ下の毛もカットしなきゃ」と、エチケットとして習慣になっていくんだとか〉

 ちなみに、陰毛のカラーリングも90分1万5000円で行っているとのこと。こちらは白髪染めのような感覚で利用するお客が多いそうだ。こんな新たな業態が生まれるのも「東京」ならではかもしれない。

 また、東京といえば、コミックマーケットや音楽フェスなどイベントも数多く行われる。これらのイベントには日本のみならず、世界各国から来場者が押し寄せるわけだが、なかには、とんでもない「異形」のイベントも行われている。同書では、2007年の7月27日から29日にかけて行われた「アダルト・トレジャー・エキスポ」が紹介されていた。このイベントは名前からなんとなく察しがつく通り、アダルト関連会社が集まった見本市で、なんと会場はあの「幕張メッセ」であったという。

 3日間の熱いイベントのなかで、とりわけ著者の記憶に焼き付いたのは、アダルトグッズのブース。とどまるところを知らない、人間の「性」に対する飽くなき努力と探求に脱帽するばかり。その様子を著者はこうレポートする。

〈遠巻きに人が集まる一角を発見した。都内各所でアダルトショップを展開する「エムズ」のブースだ。
 中央には、エロ動画の映る大画面のモニター。その横にヒゲを生やした中年男性が軽く足を開いて座っていた。
「みなさん、手を使う時代は終わりました。これからはマシンの時代です!」
 スーツ姿の若い男性が声を張り上げる。何事かと近付くと......グイーングイーン......ヒゲ男性の股間に顕微鏡のような形の器具が置かれている。
 目を凝らすと、筒状の部分がエロ動画に呼応してグングン上下運動していた。
「電話しながらオナニー! 食事をしながらオナニー! 性欲・食欲同時に満たすことができます! オナニー革命です!」
 オナニーオナニーオナニーって......。
 この器具は4000万円以上の制作費をかけて商品化されたという「ハンズフリーオナニーマシーン」だそうな。動画と連動して絶妙な動きをするという。
 どれだけの時間と開発費をオナマシーンに注力したのだろうか?〉

 日本の「技術力」と「エロ力」を結集させた商品は他にもある。株式会社大白の展示ブースでは、こんなオナホールが紹介されていたという。

〈社員さんがピンを差し出してきたので底面を見てみると、全体的にゴツい外観にそぐわぬ、ピンクの柔らかな入口があった。ズブッと指を挿入してみる。
「オリジナル制御信号を入れたアダルトコンテンツに連動して、ボールを介してホールが動きます」 
 社員さんがそう言うと、近くのモニターにエロアニメのフェラシーンが映し出された。女の子の顔が上下するのに合わせて、ホールの中がムニュムニュと動き始める。
 内部構造が透けて見えるスケルトンのピンもあり、それで確認すると、ピンの中では複雑に組み込まれたメカが緻密な動きを見せていた。
 また、ブースに社長さんも登場し、映像に信号を組み入れる作業を自ら実演してくれた。独自の機械でビデオを再生し、女性の手・口・腰の動きに合わせ、上下運動・振動・強弱などの指示信号を入れていくという流れだ〉

 この商品「匠(TAKUMI)」は、なんと、アメリカでのアダルト展示会でも大きな話題を呼んだという。

 ラスベガスやマカオでは定期的にこのような大規模アダルト展覧会が開かれているものの、日本国内ではそのような規模のイベント開催はなかなか難しいと言われてきた。実際、この「アダルト・トレジャー・エキスポ」が開催されたときも各メディアから「奇跡」と呼ばれたほどだ。しかし、今ではアダルト展「PINK TOKYO」、AVファンのための感謝祭「Japan Adult Expo」がそれぞれ定期開催されており、今年もそれぞれ、「PINK TOKYO」はディファ有明、「Japan Adult Expo」は豊洲PITでの開催が予定されている。はとバスツアーでは決してコースに入らない、一風変わった東京観光になりそうだ。

 こういったアダルト系の観光スポット以外でも、『東京のDEEPスポットに行ってみた!』では、合法でケシの花を鑑賞できる「東京都薬用植物園」や、麻薬などの密輸取り締まりがいかに行われているかを鑑賞できる東京税関の「情報ひろば」、豚や牛が精肉されていく過程を学び命の大切さを改めて感じさせてくれる「お肉の情報館」など、行ってみて損はないスポットが多数紹介されている。シルバーウィークは終わってしまったばかりだが、近々東京観光を考えている人がいたら、参考にしてみてはいかがだろうか?
(田中 教)