バイエルン戦完敗を認めた香川真司【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

ドルトムント、バイエルンに完敗

 ドルトムントは現地時間4日、ブンデスリーガ第8節でバイエルン・ミュンヘンと対戦した。ここまで7戦全勝のバイエルンのホームに乗り込んだドルトムントは、1-5の完敗。先発出場した日本代表MF香川真司も、バイエルンの強さを認めている。この大敗の要因は、“成熟度の差”にあったようだ。

---

 香川真司は「悔しい完敗」と振り返った。2015年10月4日のブンデスリーガ第8節、本拠地ミュンヘンにボルシア・ドルトムントが乗り込む。首位と2位の直接対決である。

 香川は「最初の入りは割と良かった」と言う。9分、ミキタリヤンのラストパスがペナルティエリア内の香川に少し合わなかったように、序盤にドルトムントはチャンスを演出した。しかし、リズムの良い時のようにパスは繋がっていかない。トゥヘルは「最初の20分間でさえ、我々のプレーはアタッキングサードでは結果に結び付かなかった」と振り返る。

 フンメルスによれば、BVBの戦略は「ボールを持った時のボアテングとアラバに時間を与えないこと」だったという。目的は「ロングボールを止めること」だった。香川も「ボアテングとシャビ・アロンソをフリーにさせるな」といった、似たような指示を受けている。つまりドルトムントが警戒したのは、まず「ボアテング」と「ロングボール」だったのである。

 そのための中盤がダイヤモンド型の4-4-2=“トップ下香川”だった。いつもの4-3-3の時のようなリズムを失う代わりに、布陣変更で敵のストロングポイントを抑えようとする。右からボアテング、マルティネス、アラバというバイエルンの3バックに対して、香川はボランチのアロンソに付きつつ、2トップのミキタリヤンが「ボアテング」をケアした。

 それでも26分。「ボアテング」から「ロングボール」で一発だった。ミュラーが抜け出して、軽やかにビュルキを交わす。0-1。香川によれば、ポジションチェンジの後のボアテングに誰が行くのかはっきりしないところがあったという。BVBの戦略に対して、バイエルンが一枚上手だった。香川は「力の差を感じた」と言葉を残した。

 30分頃には、バイエルンは敵陣でボールを回し、ドルトムントがボールを取ったとしてもプレッシャーは厚い。フリーの選手が見当たらず、パスを繋ぐことができない。そして33分、カウンターからエリア内の左でミキタリヤンがチアゴを倒して、バイエルンがPKを獲得する。ミュラーが決める。0-2。

敗因は、“成熟度の差”

 36分にオーバメヤンが1点を返して、ドルトムントは2-1で前半を折り返したが、後半開始早々だった。またも「ボアテング」と「ロングボール」である。レヴァンドフスキがフンメルスたちDFラインの裏に抜け出して、ゴールを奪う。1-3。フンメルスは「バイエルンの3点目が試合の結果を決定した」と考える。ここでバイエルンの勝利は決まった。

 その後も58分にレヴァンドフスキ、66分にゲッツェと、バイエルンはほぼ10分毎に点を重ねていく。ドルトムントは53分に香川とカストロに代えて、ロイスとヤヌザイを同時投入するが、結局のところ「アタッキングサードでは結果に結び付かなかった」。BVBは終始圧倒されて、1-5でバイエルンに敗れた。

 それにしても、なぜこれほどまでの大差が付いたのだろうか。

 トゥヘル・ドルトムントはまだ産声を上げたばかりだが、ペップ・バイエルンは老成しつつある。トゥヘルは監督就任1年目で、チャンピオンズリーグの出場を目指している途中だが、ペップ・グアルディオラはバイエルンを率いて3季目に突入し、CLの準決勝に2度進出している。そして、今回のドルトムントに対する完勝で、欧州の頂点をも視界に捉えた。どうしてもまず成熟の度合いが違う。

 その差を考えれば、このバイエルンに対する完敗を悲観的に捉える必要はない、とも言える。長いリーグ戦の中では、どんなチームでも敗れるときがある。BVBにとっては、それが今回のバイエルン戦だった。ただそれだけだ。確かに今季初の黒星は付いたが、それだけで今シーズン終了時の目標であるCLの出場権確保が危うくなるわけではない。

 トゥヘルは言う。

「我々は自分たちを取り戻して立ち直らなくてはならない。それがすぐに必要なことだ」

 ボルシア・ドルトムントであれば、すぐに立ち直って、自分たちを取り戻すことができるはずだ。

text by 本田千尋