今が旬の野菜の一つに「かぶ」があります。かぶは根の部分を漬物や味噌汁の具などとして食べるのが一般的。ところが、根以上に葉の部分の栄養素が豊富だって知っていましたか? かぶの栄養素とその効能についてまとめてご紹介しましょう。

かぶの消化酵素で胃もたれが解消されちゃう

かぶの根は大根に色や形が似ていますね。含まれる成分も重なるところがあり、大根にも含まれるでんぷんを分解するジアスターゼやアミラーゼなどの酵素が豊富に含まれます。食べ過ぎや飲み過ぎで弱った胃を保護。胃もたれや胸やけしたときに食べると、症状が緩和されることもあります。他にもかぶには、ビタミンA・C、カルシウム、食物繊維が栄養素として含まれていますから美容&健康にぴったりの秋野菜の一つです。

なんといっても葉の栄養素がスゴイ

根にも栄養素がありますが、実は葉に含まれる栄養素がスゴイのです。かぶの葉は緑黄色野菜の仲間で、ビタミンA・C、食物繊維、カルシウムに加えてビタミンB群も豊富。ビタミンB1・B2が糖質を代謝させてエネルギーに換えるため、活動力が高まり、疲労回復効果もあります。ビタミンAには視力を健やかに保ち、呼吸器官を保護。ビタミンA・Cには抗酸化作用があり、シミ、しわ、たるみなどを防ぎ美肌によい栄養素。葉を捨ててしまってはもったいないのです!

かぶの栄養素を効率的に摂るには?

かぶに含まれる栄養を効率的に摂るには、なんと生食が一番!うすく切って生で味噌や醤油をつけて食べると、甘みが感じられ、おいしくいただけます。意外なところでは大根のようにおろして食べるのもおすすめ。ただし料理するときに塩や酢を使うと消化酵素のはたらきが半減しますから気をつけて!塩もみもポピュラーでおいしいですが、塩加減を控えめにして、あまり強くもまないようにしましょう。葉は色が濃いですが、アクはないので炒め物や和え物、即席漬けなどにして食べられます。

生食でも十分おいしい「かぶ」。旬のこの時期にぜひ献立に取り入れてみてくださいね。


writer:松尾真佐代