写真提供:マイナビニュース

写真拡大

インテル セキュリティは10月1日、同社が実施した2015年版「インターネット検索で最もリスクの高い有名人(Intel Security Most Dangerous Celebrities)」の結果を発表した。

「インターネット検索で最もリスクの高い有名人」は今回で、9年目を迎え、これまでもハリウッド俳優やコメディアン、ミュージシャンなどポップカルチャーの有名人のインターネット検索リスクを調査し、その結果を発表してきた。

今年の調査では、ミュージシャンとコメディアンのインターネット検索がウイルスやマルウェアに感染するリスクが高いことが明らかになっている。

今回の調査では、昨年第1位の米国の人気司会者ジミー・キンメルに代わって、エレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)のDJであるアーミン・ヴァン・ブーレンがトップにランキング。

アーミン・ヴァン・ブーレンは、2008年の俳優のブラッド・ピット、2014年のジミー・キンメルに続いて第1位にランクされた3人目の男性となり、そしてDJとしては初めてトップになった(2014年は第2位)。

また、ミュージシャンのアッシャーが、カントリーミュージック歌手のルーク・ブライアン(第2位)、ブリトニー・スピアーズ(第4位)の間の第3位にランクイン。

その他、上位10人には、女性コメディアンのエイミー・シューマー(第7位)、女優のベティ・ホワイト(第8位)、シンガーソングライターのロード(第9位)、女優のニーナ・ドブレフ(第10位)がランクイン。

上位10人のうち、EDM、カントリー、ヒップホップ、ポップを含むミュージシャンが7人ランクインしている。

サイバー犯罪者は、さまざまな賞の授賞式、TV番組、新作映画、音楽アルバムのリリース、有名人カップルの破局などのポップカルチャー イベントへの一般人の関心を悪用する方法を常に探している。こ

のようなサイバー犯罪者は、一般人の関心を悪用して、マルウェアを潜ませたサイトに誘い込み、パスワードや個人情報を盗む。

調査では、音楽の無料ダウンロードやミュージックビデオの検索が特にリスクが高いことが判明。

有名人の名前と"無料mp4"や"HD(高画質)ダウンロード"、"Torrent(トレント、ファイル配布ソフトウェア)"といった単語の組み合わせは、インターネットで最も頻繁に使用される検索用語。公式サイト以外から提供されている音楽を検索すると、デジタルライフとデバイスの両方を危険にさらすことになる。