スープジャーであったか弁当!簡単レシピ3選

写真拡大

秋も半ばになり、温かいご飯を食べたい季節になりました。せっかくなら、お弁当も温かい状態で食べたいところですが、従来のお弁当箱では、朝に温かいご飯を詰めてもお昼になると、ひんやり…。そこでオススメなのがスープジャーです。

保温調理ができることで話題となり、ご存じの人も多いかもしれません。朝、生米と熱湯をスープジャーに入れておけば、お昼には温かいお粥を食べられるという時短&簡単なアイテムで人気を博しています。そこで今回は、スープジャーを使ったオススメのレシピを紹介します。

●ごま油の風味が食欲をそそるお粥

まずは、基本とも言えるお粥レシピ。材料は、生米(大さじ2)、ごま油(大さじ1)、白だし(小さじ1)、醤油(小さじ1)、塩(少々)。つくり方は、研いだ生米をスープジャーのなかに入れて、熱湯を注いで1分待ち、時間が経ったらお湯を捨てる。スープジャーのなかに、ごま油と白だし、醤油、塩を入れ、よく混ぜてから熱湯をスープジャーの8分目まで注ぎ、蓋をして3時間後に完成。使用するスープジャーの大きさによって、熱湯の量は異なるので注意してください。

●電子レンジを活用する、あったかポトフ

ポトフをつくろうと思うと、鍋で煮込まなければなりませんが、スープジャーなら鍋は不要です。材料は、ジャガイモ(中1個)、ニンジン(1/3個)、タマネギ(1/4個)、冷凍コーン(適量)、粉末ブイヨン(小さじ1)、塩・コショウ(各適量)。つくり方は、ジャガイモ・ニンジン・タマネギの皮をむいて、ひと口大に切って電子レンジで加熱する。あわせて冷凍コーンも解凍しておく。事前に熱湯を入れておいたスープジャーから、熱湯を捨てて材料や調味料をすべて入れて、お好みの分量の熱湯を注ぎ、蓋をして軽く振ったら完成。電子レンジで材料を加熱する際に、完全に火を通しておけばすぐに食べることができます。

●簡単手間なしのマカロニシチュー

これからの時期にピッタリのシチューもつくれます。材料は、マカロニ(20g)、顆粒シチュー(20g)、お好みの野菜(20g)、ブラックペッパー・熱湯(各適量)。ニンジンやしめじなど、お好みの野菜を小さめに切って、電子レンジで加熱。スープジャーにすべての材料を入れたら、蓋をして軽く振り、約4時間で完成。

夫のお昼や運動会の汁物としても活用できそうなスープジャー。まだ使ったことがないなら、1度試してみてはいかがですか?

(文・奈古善晴/考務店)