ドルトムントの日本代表MF香川真司【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間4日、ドルトムントはブンデスリーガ第8節でバイエルン・ミュンヘンとアウェイで対戦し、1-5で敗れた。試合後、日本代表MF香川真司が試合を振り返っている。

 今季5勝2分のドルトムントと全勝のバイエルンによる注目の上位対決だったが、香川は改めてバイエルンの強さを実感したようだ。

「失点する時間帯が悪かったですし、なかなか主導権を握り切れなかったので、こういう試合は本当にひとつのミスであったり、ひとつの失点する時間帯も含めて、相手が凄くいい時間帯に点を取ったと思います」

 ドルトムントはバイエルンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーに前半だけで2得点を許してしまうが、その直後にガボン代表FWピエール=エメリック・オーバメヤンのゴールで1点差で後半へと折り返した。

 しかし、後半開始直後に古巣対決となったポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキにゴールで失点したことで、「あと一歩、2対1になったときあと一歩というところでやはり詰め切れなかったのもあった。そういうところの個人の質の精度であったり、高さであったり、個人的な力の差を感じました」と、完敗を認めている。

 特に、この失点シーンは単純なロングボールをドルトムント守備陣が処理しきれずに招いたものだった。

「もう痛すぎましたね。最初(後半開始)30秒でやられたし、いい感じにね。2対1にして、これからっていうときに、ああいう最初30秒でやられちゃうと、ちょっとやっぱり厳しいのかなと」と、反撃に出ようとしたところで出鼻をくじかれてしまったようだ。

 バイエルン戦では大敗を味わった香川だが、このあとは日本代表に合流する。「やれると信じています」と、W杯アジア二次予選シリア戦と親善試合イラン戦での活躍を誓っている。