人は1日の3分の1の時間を眠って過ごします。どうして睡眠を取らなければいけないのか完全に解明されているわけではありません。でも睡眠不足の状態では、注意力や集中力が低下してしまい、思わぬミスの原因ともなってしまいます。眠っている間は何もできないから、睡眠は時間のムダ、なんて思っていませんか? 実は眠っている間も脳は完全に休んでいるわけではありません。お肌のためにも健康のためにも睡眠は必要です。しっかり眠ることで、幸せなシンデレラになれるかもしれませんよ!

睡眠時間はお肌を修復する時間だった!

眠っている時に体の中で起こっていることは、かなりドラマティックです。睡眠が必要な理由のひとつに、睡眠によって体を修復することがあります。私たちは起きている間にさまざまな活動をすることによって、体内のホルモンや酵素を消費したり、骨や筋肉を使うことでダメージを受けたりします。そのダメージを修復するためには睡眠が欠かせないのです。もちろん、昼間に内にダメージを受けるのは骨や筋肉だけでなく、お肌も同じこと。深い睡眠を取ることで、お肌も生き生きキレイに保つことができるのです。

ノンレム睡眠中は副交感神経が優位になる

睡眠は90分サイクルで大脳皮質が活動を休止するノンレム睡眠と、だんだん眠りが浅くなるレム睡眠を繰り返します。ノンレム睡眠中は副交感神経が優位になるので、筋肉の緊張は緩まり血管が拡張します。内臓の細胞も活発に活動するので、広がった血管から栄養いっぱいの血液が体のすみずみまで運ばれます。また老廃物をリンパに乗せて排出する働きも活発になります。代謝を促す働きのある、成長ホルモンの分泌もノンレム睡眠中に分泌されることが分かっています。成長ホルモンは美容やアンチエイジングに必要なホルモンです。

私たちは、ぐっすり眠ることでその日の疲れを解消し、翌日活動できるエネルギーを蓄えます。睡眠時間を削って仕事をするのもいいですが、その努力が逆効果になってしまうことも。睡眠不足は、食欲増進ホルモンの分泌を促進し、食欲抑制ホルモンの減少を促すことも分かっています。また、睡眠不足によって、脳内神経に異常をきたしウツの症状が発生してしまうこともあります。幸せなシンデレラになりたいなら、しっかり眠った方が得策ですね。


writer:岩田かほり