2台持ちでiPhoneとAndroidのいいとこどり

写真拡大

 低価格の通信料金が特徴の格安SIMが登場して以来、スマホとガラケーを組み合わせて使うとコストパフォーマンスと利便性を両立できると評価が高い。そして格安SIMがブームから当たり前になりつつあるいま、2台持ちしたスマートフォンと通話し放題プランとの組み合わせが、新しいスマホの使い方として注目を集めている。

 メーカーのシステム部門に勤める30代の憲司さんは、iPhoneとAndroidのスマホ2台持ちをしている。2年しばりの更新月を迎えたタイミングでiPhoneをMVNO(仮想移動体通信業者)の通信専用SIMへMNP(モバイルナンバーポータビリティ)し、ガラケーをAndroidへ機種変更した。Androidは話し放題プランのみの契約にしている。

「スマホ2台持ちになる前は通話はガラケー、ネットはiPhoneという使い方をしてきました。5年以上使っていたガラケーの調子も悪くなってきたし、Androidスマホも使ってみたかったので思い切りました。回線契約の内容も見直して、iPhoneに月3GB契約の通信専用格安SIM、Androidを大手キャリアの話し放題の契約にしています。以前よりも全体の維持費が安くなったし、おサイフケータイも引き続き使えるしいいことだらけですよ」

 通話だけの回線契約にしているAndroidだが、そちらでネットにつなげたいときはwifiかiPhoneのテザリング機能を利用している。

 だが、1か月3GBの通信容量で足りるのだろうか。スマホに機種変更したとき、「このくらい使いますよ」と説明され、5GB以上のデータパックを契約することになった覚えがある人も多いだろう。しかし実際には、それほど大きい通信量に達している人は少数派だという調査結果がある。

 スマホ利用者向けに各キャリアのデータ通信量を確認できるサイトを案内し、前月のデータ通信容量を質問したところ、月間平均通信量は3.53GBという結果だった。これでは格安SIMの最低限の容量として一般的な3GBを超えてしまうが、これはあくまで平均値であり、もっとも利用者が集中している中央値は2.30GBだった(株式会社MM総研調べ)。

 一般的なスマホの使い方をしていれば、MVNO各社の多くが提示する最安プラン、1か月3GB契約の月額1000円程度で十分足りる。

 この調査結果を聞いても本当に1か月3GBで足りるのか不安がある人は、一度、自分がどのくらい利用しているか確かめてみるといい。YouTubeやニコニコ動画などの動画サービスを外出先でオンライン視聴しなければ、LINEをよく使う人でも3GBには届かないはずだ。

 旅行が趣味の40代会社員、博子さんは、旅行先で使うことも考えてSIMフリーのiPhoneを格安SIMでネットにつなげ、大手キャリア回線契約のAndroidとあわせて2台を使っている。スマホ2台を持ち歩く生活は、それほど苦にならない。

「海外旅行のときも同じスマホ使いたいと思ってSIMフリーのiPhoneを買ったとき、スマホ2台持ちに踏み切りました。今のスマホは大きいから1台増えたところで大した差はないですし、2台収納できるケースも色々増えて選べますよ。外出先で動画を見ることはほとんどないから、月に3GBの容量でも余裕です。あと、2台同時に充電切れになることはまずないので、予備バッテリーを持ち歩かなくなりました」

 スマホ2台持ち生活を教えてくれた二人とも、1か月の通信料金は通信専用SIMと話し放題を組み合わせて月3000円におさまっている。MNPの乗り換え優遇割引を利用すればもっと安くできる。通信料金体系やネット利用環境は、めまぐるしく変化するので1年後にはどうなっているかわからない。今のところは、安い料金でその機能を最大限引き出しているのはiPhoneとAndroidの2台持ちユーザーたちのようだ。