巷の女子の金銭感覚を調査! 一番お金をかけてることは? 2位「交際費」1位は?

写真拡大

少しでも貯金して将来に備えるためには、日ごろのお金の使い道がとっても大事。ただケチケチしてるだけじゃ、生活の質が落ちてしまいますよね。そこで「ここにだけは出し惜しみしたくない」という、お金の使い道について働く女性に聞いてみました。

Q.日々の生活の中で、最も出費をいとわないものは何ですか?

●1位 食費……32.3%
○2位 交際費……17.9%
●3位 趣味……14.9%
○4位 ファッション……10.4%
●5位 コスメ・スキンケア用品……9.9%
○6位 美容・ボディ・ヘルスケア……8.0%
●7位 習いごと……6.5%

今回、最も出費をいとわない項目に選ばれていたのが「食費」でした。ここをケチると心まで貧しくなってしまう? それぞれの項目を選んでいる理由について、詳しく聞いてみましょう。

■1位 食費

・「病院に持っていくお金より、食事にかけた方がいいという母の教え」(30歳/その他/事務系専門職)

・「節約しすぎて病気にならない程度にしないと意味がないから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

食費をケチりすぎると健康に心配が。ここを削ったばかりに病院通いになっては、元も子もないですよね。働く女性にとって「健康」は何よりの資本です。

■2位 交際費

・「一番、財布が緩みやすい。人付き合いは大切なので。いつか自分に返ってくるお金だと思う」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「なるべくケチりたくないです。人との関係性は大事にしたいです」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

「人間関係のための出費」も、働く女性にとって重要な投資? ここをケチらなければ、いつか回りまわってなんらかのメリットが返ってくるもの。精神状態の安定や、生活を楽しむためにも必要な出費かもしれません。

■3位 趣味

・「自分の好きなことにお金をかけないとなんのために生きているかわからないから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「趣味に没頭している時間が一番楽しいしストレス解消になるから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

生活の潤いのために必要なのが趣味にかけるお金。仕事も大事だけど、プライベートな時間をいかに充実して過ごすか、も忘れたくないですよね。

■4位 ファッション

・「好きな格好をしているだけで気分が上がるから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「かわいい服を着ると幸せな気分になれるので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

女子力をキープするためにも、たまには自分にご褒美を与えて幸せな気持ちになるためにも、ファッションにはお金をかけるべき? かわいいお洋服は、どんなときでも気持ちをポジティブにさせてくれる不思議な薬です。

節約も大事ですが、生活の質をよくして「日々の小さな幸せ」を感じることも大事。それがないと、何のために生きているのかわかりません。節約と同じように「お金のかけどころ」も大事にしたいですね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数201件(22歳〜34歳の働く女性