キレたデ・ニーロ、インタビュー途中退席「こんな取材は受けないよ、ダーリン 」
『タクシードライバー』『レイジングブル』の名優ロバート・デ・ニーロ(72歳)が、インタビュー中に怒って途中退席していたことが、記者の暴露記事で明らかになりました。

 問題のインタビューは、10月10日から日本公開になるアン・ハサウェイ(32歳)主演映画『マイ・インターン』のPRの一貫として行われたもの。本作でデ・ニーロは、ファッションサイトの社長として忙しく働くアラサー女子の前に現れる超年上の部下を演じています。

 一体、何が名優の怒りに火を点けたのでしょうか?

◆2つの質問でデ・ニーロ激怒

『The Independent』によると、デ・ニーロの“途中退席”事件は、ロンドンで行われた『マイ・インターン』のジャンケットで発生。

 ジャンケットとは、映画会社が新作公開の直前に複数のメディアや記者を集め、出演者や監督にまとめて取材をしてもらう場を提供すること。合同インタビューや記者会見、個別インタビューなどが行われます。

 一日中、取材会場に缶詰となるジャンケットは重労働。“途中退席”の洗礼を受けた『Radio Times』の記者によれば、個別インタビュー直前に行われた合同会見ですでにデ・ニーロは疲れて見えたそうで、記者は「今日の彼からは多くの回答は得られないだろう」と覚悟してインタビューに臨んだのだとか。

 しかし、記者が投げかけた2つの質問は名優の答えを得るどころか、怒りのスウィッチをオンに!

 デ・ニーロは録音機器を止めるよう指示するとイスから立ち上がり、「質問がネガティブな憶測から来るものばかりだ」という理由で取材を中断。「俺はこんな取材は受けないよ、ダーリン」と捨て台詞を残し、立ち去ってしまったそうです。

◆デ・ニーロの怒りを買った2つの質問とは

●NYのトライベッカ(デ・ニーロが立ち上げた映画祭が行われる場所)が、銀行員の街に様変わりしてしまった現状をどう思うか?

●撮影現場でやる気のない態度にならないため、気をつけていることは?

 渦中の記者は「ネガティブな質問はしていない」と不服を訴え、デ・ニーロが取材放棄したことを各メディアに暴露。「あの程度で怒りを感じるなんて神経質すぎる。もしかしたら、本当に撮影現場ではやる気のない態度を取っているのかしら?」とコメントしています。

◆まだまだいた! 取材放棄スター

 デ・ニーロのほかにも、インタビューを途中退席したスターは数知れず。

 今、ハリウッドで最も稼ぐ男、ロバート・ダウニー・Jr(50歳)は、英TV局のキャスターから、若いころのドラッグ依存症について聞かれて取材放棄。「すまないけど、俺たちは一体何をしているの?」とキャスターに逆質問し、カメラの前から立ち去りました。

 また、ラッセル・クロウ(51歳)はBBCのラジオ番組のインタビューで、「君が演じた『ロビンフッド』はアイルランドなまりだった」と言われたのに対し、「お前の耳は壊死しているのか!」と暴言を吐き、退室。

 女性陣では、過去にスーパーモデルのナオミ・キャンベル(45歳)が、TVカメラを蹴り倒して立ち去るという逸話を残していますが、若手モデルのカーラ・デルヴィーニュ(23歳)も今夏、米地方局のインタビューでやらかしています。

『The WRAP』によると、ヒロイン役を演じた映画のPRでTV出演したカーラは、「原作も脚本も一度も読んでいない」「ヒロインのことは大嫌い」とすべての質問に投げやりに回答。呆れたキャスターが「もう君は帰っていいよ。昼寝をするか、レッドブルでも飲んだらどうだい」と、インタビューを早めに切り上げたのでした。

Source:
『The Independent 』http://ind.pn/1YIPw6m
『The WRAP』http://bit.ly/1Vhs9le

<TEXT/橘エコ>

【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。大学事務と米大手スーパーマーケット勤務の二足のわらじを履いてアメリカカルチャーの裏側を探る、自称アメカジスパイ。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/)