来季のPGAツアー出場権をかけて、ウェブドットコムツアーファイナルズに出場している岩田寛。3戦を終え、現在ランキング11位と来季のPGAツアー参戦へ向けて25枠内をほぼ手中に収めているが、来季出場の優先度を上げるため、重要な一戦となる最終戦となる『ウェブドットコムツアー選手権』。
 首位と3打差・トータル7アンダーで迎えた3日目は“74”と4つスコアを落とす苦しい展開となり、3アンダー・30位に後退してしまった。
 スタートホールの1番パー5でボギーとして岩田は、3番のダブルボギーなどで、前半4つスコアを落とすと、後半に入っても取り戻せず11番、13番のボギーで1アンダーにまで転落してしまう。だが16番パー5で一矢報いるイーグルを奪取し、なんとか3アンダーで踏みとどまった。
 ウェブドットコムツアーファイナルズは、PGAツアーFedExカップランキング126位から200位までの75名と、ウェブドットコムツアー賞金ランキング上位75位の150名が出場。全4戦からなりすでに来季のPGAツアーシードを獲得しているウェブドットコムツアー賞金ランク上位25名を除いた125名で、残る25枠のシード権を争っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【国内男子】3位T後退の石川遼、綱渡りのラウンドも理想のスイングへ光明
【国内男子】首位浮上の池田勇太、因縁の地で3度目の正直なるか?!
【国内男子】1打差3位浮上の片山晋呉がV宣言!「優勝狙ってます」
【国内女子】菊地絵理香を勇気付けた賞金王からのメール
【国内女子】柏原明日架、世界4位を前にも泰然自若!最年少メジャーVなるか