写真手前から「栗のアイス最中と煎茶のチュイル抹茶ソース添え」「マロンプリン お好みで抹茶ソース」「アイスとフルーツのチョコドーム仕立て 抹茶ソースで演出」

写真拡大

日本茶を代表する宇治茶の名店「伊藤久右衛門」と、「京都新阪急ホテル」が、「2015宇治抹茶レストランフェア」をホテル内のレストラン・バーで開催している。

【写真を見る】鉄板焼きロインの「四季ランチ」(3800円)

高級茶で名高い、京都宇治に本店を構える天保3年創業の老舗「伊藤久右衛門」。宇治茶専門店として、近年では宇治抹茶を使用したオリジナルスイーツを販売。インターネット販売にも注力し、「楽天市場」では約4万店舗の中から選ばれる、「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー」のスイーツジャンル賞を2009年から2014年の6年連続、合計9回受賞している。

今回の試みは、京都新阪急ホテルのシェフたちの技が、いかに名店の味を料理するかを楽しむ、期間限定のレストランフェアだ。

鉄板焼き店「ロイン」では、鰆の西京味噌焼きにほうじ茶の香りを纏わせたり、中国料理店「白楽天」では前菜盛り合わせにやはり香りを忍ばせている。また、欧風料理レストラン「モンコレー」でも、「京玉手箱」と銘打った、テーマディナーを用意している。

伊藤久右衛門と京都新阪急ホテルのシェフとのコラボレーションで、宇治茶の新たな魅力を発見してみたい。【関西ウォーカー】