痩せるための食事制限も必要な栄養が不足してしまうとダイエットは成功しません。必要な栄養素をバランスよく摂ることはダイエットのためにも重要ですが、「ダイエットしているのになかなか痩せない」という時は、糖質を脂肪に換えるビタミンに注目してみませんか?

糖質をエネルギーに換えるにはビタミンB1が必要!

ビタミンB1の働きは糖質を代謝することです。糖質は主にご飯やパン、パスタなどの炭水化物から摂取し、それが代謝されることでエネルギーに転換します。ビタミンB1が不足すると、体を動かすエネルギーが作れないだけでなく、乳酸が溜まって疲れやすくなってしまいます。日本人は主食がご飯なので糖質を多く摂るため、ビタミンB1は不足しがち。特にスイーツをたくさん食べるという人は、常にビタミンB1が不足している状態。ビタミンB1が不足すると、糖質が体内に蓄積されてしまいます。ダイエットをしてもなかなか痩せられないのは、ビタミンB1の不足が原因かもしれません。

ビタミンB1を多く含む食品と効率的な食べ方は?

ビタミンB1を多く含む食品は、豚肉やウナギ、玄米などです。これらの食品を意識して食べるのはもちろんですが、ビタミンB1の吸収率をアップする栄養を一緒に食べれば、さらに効率的。ニラやタマネギ、ニンニクなどに含まれるアリシンがビタミンB1の吸収率を上げる栄養素です。豚肉の生姜焼きや玄米のニンニクチャーハンなどのメニューを工夫してみましょう。

代謝を考えるならビタミンKにも注目!

注目されることが少ないビタミンKですが、骨や歯を強くする重要な働きがあります。カルシウムの吸収を助けるのはビタミンDですが、ビタミンKは骨にカルシウムを取りこむ際に必要なたんぱく質を活性化させる働きがあるのです。ビタミンKの働きで注目したいのは、骨代謝に係わっていること。骨を作る時の骨吸収と骨形成のバランスを取る働きがあるので、骨粗しょう症の治療にも使われるビタミンです。納豆はビタミンKの含有量が圧倒的に高い食品です。その他には、モロヘイヤやパセリ、小松菜など緑の葉野菜にも多く含まれます。

いかがでしたか? ダイエットをするにも栄養は必要です。健康的にダイエットに成功したいなら、食べ過ぎに注意しながら、脂肪燃焼や代謝を促す作用のあるビタミンを不足させないこともポイントです。


writer:岩田かほり