親子三人組・アーブル美術館による「大々贋作展」渋谷で開催 - 小学生が描いた“ニセ名画”が大集合!

写真拡大

小学生二人と母親からなる三人組のアート集団“アーブル美術館”による個展「大々贋作展」が、2015年10月30日(金)から11月16日(月)間での期間、渋谷・パルコミュージアムにて開催される。

[ この記事の画像をもっと見る ]

アート鑑賞が趣味の母親の指導のもと、名画を子ども二人がユニークに贋作する親子三人組ユニット・アーブル美術館。そのユニークな活動はメディアで数多く取り上げられ、今では作品画像がテレビコマーシャルにも使われるほどの注目を浴びている。「大々贋作展」は、そんな彼らの作品を集めた大型展覧会。

会場では、ピカソに始まり、ゴッホやウォーホル、フェルメールまで、様々な名画をモチーフに子供らしいタッチで描いた贋作およそ50点を展示。ヘタウマながらも、絵の本質と魅力を捉え、「オリジナルとは何か?」「アートとは何か?」を問いかける彼らの活動は、アートの楽しみ方を広げるきっかけになってくれるはずだ。

【開催情報】
 アーブル美術館「大々贋作展」
会期:2015年10月30日(金)〜11月16日(月)
会場: パルコミュージアム(渋谷パルコPART1・3F)
住所:東京都宇田川町15-1
入場料:一般500円、学生400円、小学生以下無料
時間:10:00〜21:00
※最終日は18:00閉場。
※入場は閉場の30分前まで。