ソフトバンク・岩崎翔【写真:編集部】

写真拡大

8回途中無失点の好投 「チームを代表して任されたので、全力で…」

 ファーム日本選手権が3日、宮崎サンマリンスタジアムで行われ、ホークスの岩崎翔投手が7年ぶり自身2度目の選手権最優秀選手賞を受賞した。ウエスタンリーグ投手3冠右腕はイースタンリーグの覇者・巨人を8回途中無失点でしのぎ、2-0の勝利に導いた。ホークスは2年ぶり3度目のファーム日本一となった。

 試合後のヒーローインタビュー。25歳右腕は「本当に一発勝負の大事な試合だったので、チームのピッチャーを代表して任されたので、初回から全力でいきました」と振り返った。

「野手の方の良い守りもたくさんありましたし、先取点をプレゼントしてくれたので、気持ちは楽に投げられました」

 2回に金子のタイムリーで先制点をもらうと、その1点を8回途中まで守り切った。「斐紹も良いリードをしてくれた」と9回に追加点となるレフト前タイムリーを放った女房役にも感謝の意を表した。

高卒1年目の7年前にもファーム日本一MVPを受賞 「1軍で活躍してナンボの世界」

 今季ウエスタンリーグ最多勝(10勝2敗)、最優秀防御率(1.66)、最高勝率(.833)の投手3冠を誇った右腕。8回途中で無死一、二塁のピンチを作り「代わったときは悔しかった」と悔しさを滲ませながらマウンドを降りた。

 しかし2番手の東浜がピンチをしのぎ、「ナオ(東浜)ならやってくれるなという思いと、本当に抑えてくれたので嬉しかった」。7回0/3を6安打5奪三振1四死球の投球で、選手権の最優秀選手に輝いたが、8年目の右腕は「ここで投げられたことは嬉しさもある反面、悔しさもある」と、1軍で活躍できなかった悔しさも口にした。

 実はソフトバンクが初のファーム日本一に輝いた2008年も、当時高卒1年目だった右腕は完投勝利を挙げて最優秀選手に輝いている。それだけに「1軍で活躍してナンボの世界。この悔しさを持って1軍でがんばりたい」と、1軍の舞台での活躍を強く誓っていた。

 今季、1軍では10回2/3で防御率6.75と不振だった25歳。この日も巨人2軍相手に格の違いを見せ付けていただけに、来季は1軍でのフル回転が期待される。