<トップ杯東海クラシック 3日目◇3日◇三好カントリー倶楽部 西コース(7,315ヤード・パー72)>
 晴天となったムービングサタデー。ホールアウト後に「“80”叩かなくてよかった」と安堵の表情を見せたのは、3位タイに後退した石川遼だった。
初日2日目をフォトギャラリーで振り返る!
 最終組でスタートした石川は、2番パー5で2オンに成功しバーディを先行させる。8番でボギーを叩くも、9番では残り126ヤードを51度のウェッジでピタリ。スコアを1つ伸ばして折り返すと、バックナインでも14番ボギーのあとの15番でバウンスバック。順位を1つ落としたがトータル7アンダーに伸ばし、首位と1打差で最終日を迎えることとなった。
 しかし、今日は“71”というスコアとは裏腹に綱渡りのゴルフだった。12番、14番、17番と3回もあわやOBというティショット。さらに6番、17番ではパーパットを5メートル以上も残した。そんな幾度と無く襲ったピンチを、「今日はツイてた」と運も味方につけて何とか切り抜けた。
 そんな苦しい18ホールでも価値は十分にあった。それは「練習場で打っていた理想のショットを何度か打つことができた」と手応えを掴めたからだ。「試合になると溜めがないというかタイミングが合っていなかった。ここ2日間は全然良い球が打てなかった」という。しかし、今日は「3つか4つ、“これ”というのがあった」。その内の1つは15番パー5のティショット。フォローの風にも乗り350ヤードのビッグドライブを披露、ギャラリーを沸かせた。そして楽々2オンに成功し前のホールでのボギーを帳消しにした。
 試合で練習どおりに打てたことを喜んでいるのではない。優勝争いという結果も求められる中で出来たことが貴重なのだ。「下位にいたらもっと多く練習通りのスイングができていると思う。だけど上の順位で戦っていて、スコアも考えないといけない中、“チョロやダフり”が出る覚悟を持って追求している球を打てたことが財産」。
 「日本ではあと1日しかない。明日の1打1打を大事にしたい。中途半端なスイング、迷いを持ったままのスイングは0にしたい」。4週連続で出場する母国の大会もこれが最後。2週間後に迫った主戦場の米国ツアー開幕に向けて、結果だけでなく内容も追い求めていく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>