“ハリルJAPAN”入りを果たした南野拓実、柏木陽介、塩谷司【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

やりたいサッカーが実現しやすい“強敵”

 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、10月8日のW杯アジア2次予選オマーン戦、13日の親善試合イラク戦に向けたメンバーにDF塩谷司、MF柏木陽介、FW南野拓実という新戦力を招集。負傷者の代役という見方もあるが、この顔ぶれからは指揮官の志向を示すメッセージも読み取れる。

----------

 日本代表は10月8日にオマーンのマスカットで二次予選の首位を走るシリアと対戦する。その5日後にテヘランでイランと完全アウェーの親善試合が待っており、チーム強化のために願っても無い機会ではあるが、まずは指揮官が「最も大事な試合」と認めるシリア戦に全力を注ぐ必要がある。

 ここまで3戦全勝、13得点無失点と好調のシリアは3チームに対して中盤をしっかり使っていた。前節のカンボジア戦では敵地ながら70%近いボールポゼッションを記録。その中で19本のシュートを放ち、6得点を奪っている。

 ただ、日本が相手ということになれば、2-1と接戦に持ち込んだ2011年のアジアカップや当時のU-23代表が中立地ヨルダンで勝利したロンドン五輪予選の様に、カウンター主体に切り替えてくる可能性が高い。

 もっとも、シリアはボールを奪ったらサイドを起点に迫力ある攻撃を仕掛けてくるはずで、これまでと違い日本が常にシリア陣内でボールを持つ展開ではなく、より攻守の切り替わりが激しい試合になることが予想される。

 ここまでのチーム作り関して「アフガニスタン戦やカンボジア戦から判断するのは難しい」と語るハリルホジッチ監督も、これまで以上に自分たちがやりたいサッカーを実現しやすいと考えているのではないだろうか。

 攻守の切り替わりが多く発生するということは、相手の裏を突きやすくなると同時に、守備のリスクが大きくなるということも意味する。その中で3人目、4人目の走り込みを効果的に使い、しかも相手を自陣のペナルティエリア付近まで進出させないためには、正確なビルドアップと質の高いオフ・ザ・ボール、そして守備のリスク管理が問われてくる。

代表定着のチャンスが訪れた塩谷

 二次予選の突破だけでなく、この先の最終予選や世界での戦いを見据えるならば、もしシリア戦でそれらをハイレベルに克服して快勝する様なら、今度の戦いに明るい視界が開けてくるが、逆に大きく苦戦する展開になれば、何とか勝利できたとしても先行きの不安はぬぐえなくなる。

 もちろん勝つことが大前提なわけだが、そのぐらい、ここまで強化してきたポイントの試金石の意味合いが強い試合となる。

 そのシリア戦とイラン戦に向け、途中離脱した6月以来の復帰となる清武弘嗣に加え、新しく“ハリルJAPAN”入りを果たしたのはDFの塩谷司、MFの柏木陽介、FWの南野拓実。

 前回メンバーのうち酒井宏樹、遠藤航、永井謙佑は怪我が理由で、特に酒井宏と遠藤はメンバー発表の当日まで状態を確認していたそうだが、3人の選出はチームが強化したいポイントに合致する。それは彼らに関する指揮官の評価からも読み取れる。

 右SB候補の塩谷は“酒井宏樹の代役”という見方もあるかもしれないが、現在の状態から想定すれば、むしろクラブで出場チャンスが無い酒井高徳より信頼できる存在であり、合宿前の時点での序列も上かもしれない。

「自分のクオリティを見せる良いチャンスだと思う」と語るハリルホジッチ監督が持ち味にあげるのがテクニックとパワーで、この2つの要素を彼ほどハイレベルに揃える日本人の右SBはなかなか見当たらない。

 ライン際を上下動して正確なクロスを供給する本職のSBではないが、良質のビルドアップと対人の強さはアギーレ前監督のもとでも示していただけに、さらにコンパクトなラインを求める現在のスタイルにどうフィットできるかが定着のポイントになる。

 特にDFが高い位置で1タッチ、2タッチのつなぎをする方法は慣れないと難しいが、あっさりクリアする能力は十分に備えている選手だ。

カギは“1つ飛ばすパス”。柏木が序列崩せるか

 MFの柏木は遠藤が怪我で外れたことでチャンスを得たと考えられるが、東アジアカップは怪我で辞退を余儀なくされており、指揮官がどこかで招集したかった選手であることは間違いない。

「ボールを奪ってほしいが、特に後ろからの組み立てに参加してほしい」と期待をかけられる柏木はメンバー内では柴崎岳と役割が重なる部分が大きいが、構成上は“ディフェンシブな3人”の1人に数えられており、守備的なタスクも少なからず求められてくる。

 思い返せばザッケローニ時代に定着しかけたものの、浦和ではボランチ、日本代表では守備力の不足からかトップ下でもテストされ、目立った働きができずに代表からフェイドアウトした経緯がある。

 当時から比べれば守備面で明らかな進歩があり、またパスの正確性だけでなく、長短の使い分けやスピード、効果的な攻め上がりなど、オーガナイザーとしての質を高めている。

 ここに来てメディア対応時のコメントにもポジティブな変化が見て取れる柏木はもともとスタミナに自信を持っているが、走力が高い選手ではない。相手に鋭い飛び出しをしてくるMFがいれば、周囲のカバーに頼らざるをえない部分はある。

 その取捨や補完関係を指揮官がどう判断するか未知数だが、バランス感覚が高く、速く正確にボールを動かせる柏木は一段前のポジションを担う清武と共に、中盤からビルドアップの質を高める存在になりうる。

 特にハリルホジッチ監督が就任当初から日本代表の課題にあげた“1つ飛ばすパス”はまだチームとして十分に実現できていない。ここ2試合はワイドな展開が目立ち、左右のサイドと中央を使い分けることはできているが、そのテンポが遅いために結局は効果的に相手陣内のスペースを使えていないのが実情だ。

「現代フットボールに適した選手」。高評価の南野

 シリアやイランはこれまでの3カ国より局面で厳しく来ることが予想されるが、逆にビルドアップや攻守の切り替わりにおける“1つ飛ばすパス”の効果は高くなる。

 山口のコンディションが様子見ということもあり、いきなり先発出場の可能性もあるが、もともと経験はある選手だ。連係のハンディはあるが、そうした部分で高いクオリティを示すことができれば、先に向けて中盤における序列を逆転していくことも不可能ではない。

 南野はザックジャパン時代の2014年4月に、代表候補として国内合宿に参加し、ブラジルW杯のバックアップメンバーに選ばれた経験がある。

 正式には今回がA代表での初選出となるが、指揮官は「時間をかけて追跡している」と語っており、その才能に早くから注目していた様子。先月のカンボジア戦とアフガニスタン戦でもバックアップメンバーに入っていた。

 FWの枠はウィングとCFを合わせて6枚。永井謙佑が怪我で対象外となる今回は、南野と同じU-22代表の浅野拓磨やオランダで結果を出している長身のハーフナー・マイクなどが選ばれる可能性も予想された。しかし、ハリルホジッチ監督は武藤嘉紀をマインツで担っているCFに上げ、南野を構想上はウィングに割り当てている。

「現代フットボールに適した選手」と評価される南野が将来性を買われているのは確かだが、即戦力としての期待も高そうだ。ザルツブルクでは2トップ、左右のサイドハーフでプレーし、日本では4-2-3-1のトップ下も経験している南野はバーサタイル(汎用的)なアタッカーだが、常連の攻撃陣と重なる部分が多い南野のスペシャリティは1つの流れで出し手にも受け手にもなる能力が突出して高いことだ。

チーム内競争を活性化させるか

「できるだけ背後へのグラウンダーのパスを使い、走り込んでくる3人目、4人目を使う。グラウンダーのスピードを伴い、いろいろなバリエーションを作りたい」

 ハリルホジッチ監督は目指している攻撃スタイルをこう表現するが、相手が強くなってくるほど、その実現は難しくなる。

 例えば1回の攻撃において相手陣内でつなげるパスの回数が減れば、それだけ1人の選手が連続的に絡みにくくなるわけだが、南野はボールを捌いたところから最短距離で危険なエリアに入っていけるタイプで、ザルツブルクでもワイドなエリアで起点になりながら、相手から消える様な動きでゴール前に顔を出すシーンが目立つ。

「常に得点を取る、もしくは取らせるポジションにいる」と指揮官が評価する南野はアタッキングサードやペナルティエリアの中でも相手DFがいないところに侵入して、そこで正確なフィニッシュやラストパスを実行できる選手で、GKとの駆け引きにも長けている。

 そうした能力はオプションの2トップでも活かせるが、4-2-3-1のウィングからゴール前に迫力と質をもたらす存在として重宝されるだけの資質がある。

 現実的にはテストとして位置付けているイラン戦がA代表デビューのチャンスになるが、彼の意欲的なプレーは合宿の初日から攻撃陣の先輩達に刺激を与えるはずだ。

 当日のコンディションを抜きに予想するならば、シリア戦で3人が出場する可能性は塩谷が60%、柏木が30%、南野は10%と言ったところだ。

 ただ、彼らの選出はある意味でハリルホジッチ監督の志向を示すメッセージでもある。チームとしてシリア戦、さらにはイラン戦の勝利を目指す中で、彼らがどういう効果をもたらすのか、そして試合でチャンスを与えられた場合に実力を発揮し、定着につなげられるのか。

 ここからチーム内の競争を活性化する意味でも注視するべきポイントだ。

text by 河治良幸