チェルシーで練習をしている元イタリア代表GKマルコ・アメーリア【写真:Getty Images】

写真拡大

 チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は現地時間2日、プレミアリーグ第8節サウサンプトン戦に向けた前日会見に出席した。クラブがコメントを発表している。

 チェルシーはベルギー代表GKティボー・クルトワが負傷しており、年内の復帰は難しいとされている。後釜として、かつてミランなどでプレーした元イタリア代表GKマルコ・アメーリアを獲得するのではと噂されていたが、モウリーニョ監督は会見でアメーリアの獲得が近いことを認めている。

「クルトワの復帰はまだ先だが、順調に回復している。12月にはプレーできるだろう。契約切れのGKが加入することになる。ここ数日、アメーリアは練習に参加しているよ」

 アメーリアはイタリア国内のクラブを転々としながら、今年9月よりフリーとなっていた。チェルシーはこの夏にストーク・シティから獲得したアスミール・ベゴビッチがクルトワに代わってゴールを守っているが、バックアッパーは試合出場経験がほとんどない22歳のジャマル・ブラックマンとなっており、経験豊富なGKを探していた。

text by 編集部