『はじめての不倫学 「社会問題」として考える』(光文社新書)

写真拡大

 大阪維新の会の顧問も務める大阪府柏原市長の不倫騒動から、人気女子アナの不倫フェラ画像流出、そして埼玉県警巡査部長による不倫での二重生活ゆえの金銭苦が動機とされる強盗殺人事件まで──。いつの世も様々な形で"事件"となりニュースを賑わせる"不倫"。

 全国区の事件にならずとも、〈友人や職場の人間関係に致命的な亀裂〉を生じさせ、〈別居や離婚、子どもとの離別〉を呼び、〈転職や失職〉を余儀なくされ、それらによる〈貧困の問題〉にも繋がるなど、もはや〈不倫は社会問題〉だといっても過言ではないとするのが、『はじめての不倫学 「社会問題」として考える』(光文社新書)だ。

 著者はNPO法人ホワイトハンズ代表理事の坂爪真吾氏。坂爪氏が「不倫はNO!」とするのは、まず〈高確率でバレ〉、〈不倫後、仮に現在のパートナーと別れて不倫相手と結婚しても大概はうまくいかない(中略)うまくいくのは25%で、75%は結局別れるというデータ〉があるといい、さらに〈子どもに「感染」〉することで、〈子どものメンタル面や将来にも大きな影響を与える〉からだ。

 さらに被害者を生むのが、〈脳内不倫〉の存在で、〈本人にとっては純粋な恋愛〉のつもりだが、〈女性側からすれば勘違いした既婚上司からの単なるセクハラ〉で、〈「自由恋愛だ」「誘ってきたのは女性側からだ」「強い抵抗じゃなかった」「あれは合意だったはずだ」〉と、〈「被害者」である女性を「両思いの恋人」と完全に思い込んでいる〉輩たちだという。

 また、不倫には〈中毒性〉がある、と指摘する。

〈不倫のセックスの気持ちよさを一度でも体験した人は、多くの場合、それ以前のセックスには戻れない。今までの人生で経験してきた恋愛やセックスの全てが色褪せるほどの衝撃を受けて、「今までの人生は一体何だったんだ」と愕然とする人もいる〉
 
 だからこそ、坂爪氏は〈不倫やめますか、それとも人間やめますか〉とまでいうのだ。

 さらに、同書で訴えるのが、世間でいくら不倫が問題視されようと、事件が起ころうと、メディアには〈不倫の暴露記事や体験ルポが羅列されるだけで、不倫を予防・回避するための処方箋が提示されることはない〉ということだ。DVには予防法や被害者を守る法があるのに対し、不倫は〈DVと同等の身体的・身体的ダメージを受けるリスクを有しているにもかかわらず、何の社会的支援もなされていない〉ことも問題視している。

 よくある心理カウンセラーなどによる心理学的アプローチについても、坂爪氏はこう指摘している。

〈不倫をしてしまう人に対して、「過去の生育歴に何らかの問題があるから」「人として、夫婦として未成熟だから」と決めつける〉
〈「話し合って決める」「我慢や諦めではなく、お互いの不完全さを認め合い」「時間が解決」(中略)話し合っても解決できないからこそ悩んでいる〉

 つまり、〈「不倫は夫婦関係の問題であり、夫婦関係を完成すれば不倫は止まる」という「夫婦関係原理主義」の心理学には限界がある〉というのだ。

 では、どうすれはよいのだろうか。同書では、〈不倫をインフルエンザのような「感染症」として考え〉、〈感染経路を明確にし〉、〈予防策(ワクチン)と、「もし感染してしまった場合、どうすれば本人の重症化、及び周囲への感染(被害拡大)を最小限に食い止められるか」〉をテーマの中心に掲げ、様々な不倫対処法を提示している。

 まず不倫防止において重要なのが、〈夫婦間の愛情維持や話し合い云々よりも〉、〈職場環境の整備〉だという。

〈人間は環境の奴隷〉であり、「不倫が常に話題になっている職場では感覚がマヒしてしまう。(中略)不倫発生率の低い業界や職場を選べば、それだけで労少なくして不倫を防止することができる」

 続いて需要なのは、〈夫婦関係の整備〉だ。

〈家庭不和によって生じる不倫は「交通事故」ではなく「生活習慣病」〉であり、〈細かい不満や不信感の累積が数年続くことによって、不倫を誘発する土壌が育まれてしまう〉そうだ。

 そこでひとつめの「不倫ワクチン」の初級編として坂爪氏があげるのが、〈マスターベーションの充実〉による自己管理と、夫婦間での〈ハグやキスといったスキンシップを伴うコミュニケーション〉だ。

〈定期的なマスターベーションを通して自分の性欲を主体的に管理し、パートナーとの間に生じた齟齬や不満を埋めることで、性的欲求不満に基づく不倫の発生を未然に防ぐべし〉

 まずは「オナニーをしろ!」と、そういうことらしい。プラス、夫婦間のコミュニケーションが揃えば、夫婦間で〈挿入を伴うセックスがなくても(中略)不倫ワクチンにはなり得るかもしれない〉とする。

 しかし所詮、オナニーとセックスは別物である。絶頂には導けても、抱きたい&抱かれたい欲はどうしたって埋まるはずはない。坂爪氏も、〈相手と気持ちの通い合ったセックスがしたい、という欲求〉つまり、〈「性交欲」は満たせない〉と、限界を指摘している。

 さらに、ここでの「夫婦間のコミュニケーション」も、男女間でズレがあるのも問題の一つだという。男性は〈婚外の異性関係を分散・多角化することによって不倫を防止しようとする〉一方で、女性は〈配偶者とのコミュニケーションやセックスを改善・深化させることによって、不倫を防止しようとする傾向が〉あるという。

 確かに女性誌では、「夫とのセックスレス解消には時にはビッチな下着で」や「刺激的なフェラテクを覚えよう」などと謳うことも多い。

 しかし、〈そもそも多くの男性が「充実させたい」と考えているのは、婚内セックスではなく、婚前セックスや婚外セックスなのだから! この男女間のズレがある限り、「性生活に関する知識とテクニックを啓蒙することで、夫婦関係を改善しよう」という試みは、終わりなき負け戦になるのかもしれない〉のだ。

 そこで坂爪氏がもう一歩、踏み込んでワクチンとして提案するのが、〈リスクの少ない、制度化された婚外セックス〉と〈中毒性の低い擬似不倫体験〉だ。

 まず〈制度化された婚外セックス〉とは、かつて、古代から近代では祭りやイベントの際に行われていた、〈年に一度の非日常空間の中で、普段とは別の相手とセックスすることで、日常世界をリセット〉する目的を持つ乱交を指す。

 現代でも祭りは男女乱れるのが常であるし、フルムーンパーティなどは海外各地で行われている。しかし、これを現代の日本社会で制度化するのは、かなり難しいだろう。

 一方、〈中毒性の低い擬似不倫体験〉はどうだろう。すぐに思いつくのが、最近ではサイトハッキングによる登録者の個人情報流出で話題になった、不倫専門SNS「アシュレイ・マディソン」だが、こちらも〈答えはもちろん「ノー」〉なのだという。

〈確かに不倫相手は見つかるかもしれないが、一対一の個人間のやりとりだけではなにかあった時に歯止めが効かなくなり、日常に戻ってこられなくなる可能性がある。身元の不確かな見知らぬ他人と性的関係を持つことで、盗撮や窃盗、暴力や美人局などの被害に遭うリスクも上がる〉

「性風俗」も〈不倫ワクチンにはなりえない〉。〈「プロの女性」による金銭を介した「サービス」である性風俗と、「素人の一般女性」との金銭を伴わない「個人的な恋愛・肉体関係」である不倫は、全く別物〉だというが、それは不倫経験者、不倫願望のある人間ならば誰もが同感というだろう。

 しかし、同書には、実際に擬似不倫の実践者が何人か登場する。たとえば、〈お互いの内面に深入りせず、婚外セックスのみを楽しむ〉高齢男性、また、既婚者のセフレ8人を持つ30代独身女性は「己を持たざる者、セフレを持つべからず」との名言を口にしている。

 つまり、〈自立したオトナ〉ならば、この〈中毒性の低い擬似不倫体験〉は可能ということらしい。さらに、同書は、不倫ワクチンになりうる可能性のあるものとして、「交際クラブ」、「オープンマリッジ」(お互い合意の上で自由に愛人を作ることができる結婚のスタイル)、「スワッピング」、「ポリアモリー」(責任を持って、同時に複数の相手と性的関係を含む恋愛関係を結ぶこと)などもあげている。

 もちろん、こうした行為に参加するのは、かなりハードルが高いし、それを楽しめるかどうかも個人の資質が大きく関係する。

 だが、坂爪氏はそれでも〈不倫ワクチンとしてのポジティブ婚外セックスを社会的に条件付きで受容した上で、その安全性を向上させ、性感染症や家庭崩壊などの悲劇の発生率を少しでも低めるべき〉だと主張する。

 ただし、坂爪氏は現実的な対処策として、婚外セックス、セフレを推奨しながらも、一方でこんなことも書いている。

〈結婚はあなたの悩みを解決してくれる万能薬ではないし、配偶者もあなたを全て理解してくれる救世主ではない。そして、婚外恋愛や婚外セックスにも救いはない。何をしようが、誰と一緒に暮らそうが、生きていく上で避けて通れない苦痛はある。(中略)「どこにも」救いはないと理解することこそが、救いに至る唯一の道なのだ〉

 本書で最も響くこの言葉を、筆者の周りにいる不倫をする人たちにも教えてあげたい。たぶん聞く耳持たないだろうが──。
(羽屋川ふみ)