ハンディクリーナー「pivot3」をリニューアル

写真拡大

電動工具メーカーの米ブラック・アンド・デッカーは、世界累計出荷台数が300万台を突破したコードレスハンディクリーナー「pivot(ピボット)」シリーズの新モデルとして、「pivot3」のリニューアル機種「PHV1200」を、2015年10月上旬に発売する。

充電池の寿命も改善

国内ユーザーから要望の高かった充電システムを改良して、充電時間を6時間から4時間に約3割短縮したほか、過充電を防ぐ方式の採用で充電池の寿命を従来よりも改善した。

「pivot」シリーズは、2006年に初代モデルを発売。ブラック・アンド・デッカーが1979年に世界初のコードレス掃除機を発売して以来、現行モデルとしては最大のヒットシリーズとなった。約200度回転式の「ピボットノズル」が特徴で、ノズルの角度を調節することで高所や狭い隙間が掃除しやすいほか、充電時は折り畳んですっきりと収納できる。従来にはない独自機能やインテリア性を兼ね備えたハンディクリーナーだ。

重さは1.52キログラム。サイクロン式で、集じん容量は約440ミリリットル。バッテリーに、ニカド充電池を採用している。充電時間は約4時間。連続使用時間は約10分。

色は、ホワイトとレッド、チタン。充電台付き。参考価格は1万1000円前後(税別)。