特集上映・イベント満載「第28回東京国際映画祭」、今年の見どころを映画通が選んでみた

写真拡大

第28回東京国際映画祭のラインナップ発表会見が9月29日(火)に開催され、コンペティション部門16作品をはじめ、各部門や特集上映の内容が正式に発表された。

【2015秋アニメ】今期はどれ見る? アニオタライターが「厳選10本」独断と偏見で選ぶんじゃあああああ!

会見には邦画からコンペティション部門に選出された『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』から竹内結子、中村義洋監、『FOUJITA』から小栗康平監督、『さようなら』から主演女優のブライアリー・ロングと深田晃司監督が出席した。

ラインナップ&各イベント上映から、今年の映画祭に見どころポイントをピックアップ!

コンペティション部門 邦画3作が選出! グランプリは?

1985年に創設された東京国際映画祭だが、ここまでの歴史で日本映画で最高賞のグランプリを受賞した作品は『台風クラブ』(相米慎二監督/第1回)と『雪に願うこと』(根岸吉太郎監督/第18回)の2作品のみ。

今年は86の国と地域から計1904本の応募があり、その中から16作品が選出されたが、邦画が3本も入るのは11年ぶりの快挙。

果たして久々の邦画の戴冠なるか? 昨年は『紙の月』の宮沢りえが主演女優賞に選ばれており、俳優部門でも期待がかかる。

とはいえ、邦画、洋画を問わず公開前の粒ぞろいの作品が見られるのが映画祭の楽しみ。

2011年の第24回では『最強のふたり』がグランプリ、男優賞を受賞したが、その1年後の劇場公開で、同作が決して大規模での公開ではないにもかかわらず、圧倒的な支持を集め160億円のヒットとなり、日本で公開されたフランス映画の歴代No.1ヒットとなったのは記憶に新しいところ。

今年もすでに海外の映画祭常連監督の作品を含め、ヨーロッパ、アジア、中南米など世界中から選りすぐりの作品が集まっており、ここでどこよりも早く良作を発掘してては?

ワールド・フォーカス部門 海外映画祭受賞作が集結!

海外の有名映画祭での受賞作、名匠・巨匠の新作を中心に8月時点で日本未公開の作品を集めた「ワールド・フォーカス」部門。

いわば、既に佳作という太鼓判が押された世界の注目作を探すならこちら! 

ベルリン映画祭監督賞のポーランド映画『ボディ』、ロカルノ国際映画祭監督賞の『コスモス』、カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞でユーゴ内戦をテーマにした『灼熱の太陽』、ヴェネツィア国際映画祭審査員特別賞『錯乱』フレデリック・ワイズマン監督の記念すべき40作目となる『ジャクソン・ハイツ』など話題作が集結!

日本映画クラシックス 黒澤明の『乱』が4Kデジタルで!

日本の映画史を彩った名作を最新技術を駆使して新たによみがえらせて映画祭の大スクリーンで上映する「日本映画クラシックス」。

30年前の第1回東京国際映画祭の栄えあるオープニングを飾った黒澤明の名作『乱』が4Kデジタル復元版として上映される。

CGなしのド迫力の騎馬合戦を美しい映像で堪能すべし! 

このほか三島由紀夫の『金閣寺』を原作とした市川崑の『炎上』も4Kデジタル復元版で上映されるほか『ガメラ』シリーズもデジタル・リマスター版、4Kデジタル・リストア版で上映! 

火炎噴射をデジタルリマスターで楽しんでみては?

特集上映 ガンダムとその世界

特集上映の中でも多くの人が詰めかけそうなのが「ガンダムとその世界」。

なぜガンダムはここまで人々御心を動かすのか? 

36年にわたって愛され続けてきた日本最大級のヒットコンテンツの謎に迫る!

『機動戦士ガンダム』から計26作品を映画祭で一挙上映!

日本のいちばん怖い夜――Jホラー降臨

ジャパニーズホラーブームから約20年。

Jホラーの巨匠たちの中から中田秀夫の『女優霊』、清水崇の『呪怨 劇場版』、そして黒沢清サイコ・サスペンス・スリラー『CURE キュア』を上映。

さらに中田監督の最新作でAKB48の島崎遥香主演の『劇場霊』の上映も敢行! 

最恐ホラー降臨で映画祭が震えあがる!

追悼・高倉健&寺山修二生誕80周年!

高倉健没後1年を前に初期の任侠物から円熟期の文藝作まで英語字幕付きで健さんの名作を上映! 

また詩人、演出家で海外では映画人としての側面が非常に高い注目を集める寺山修二の生誕80周年を記念して『書を捨て町へ出よう』『田園に死す』『草迷宮』、そして47歳で亡くなる前年に監督した『さらば箱舟』を上映。

これまで映画人・寺山を知らなかった人はこちらで寺山の魅力を再認識しては?

東京映画食堂

映画ばかりが映画祭の魅力じゃない! 

海外の映画祭では 期間中、街のそこかしこがお祭り騒ぎに…なんてことも珍しくないが、大都市・東京ではなかなかそれも難しいところ…。

そんな中で“お祭り”の気分を味わわせてくれそうなのが「東京映画食堂」。

日本を代表する和食、中華、フレンチ、イタリアンのトップシェフ5人が六本木に集結し、なんとキッチンカーによる店舗を展開! お手頃な値段で最高級の料理を楽しめる。

第28回東京国際映画祭は10月22日(木)より31日(土)まで六本木ヒルズ、新宿の劇場ほかで開催。