温度・湿度・気圧・ストレス・ホルモン、エイジングケアで気をつけるべき5つのポイント

写真拡大

 世の女性たちに「年齢を重ねるたびに気をつけたいことは?」と聞くと、多くの人たちが「お肌の潤い」「シミ、シワ、たるみ」といった直接的なエイジング現象を答えることでしょう。

 しかし、こうしたシミやシワなどの目につくこと部分ばかりを気にする前に、「ある5つのポイントをチェックするのことが先決!」と提唱するのは、東京・三宿のエステティシャン。曰く、

「“温度”“湿度”“気圧”“ストレス”“ホルモン”、この5つがエイジングケアにつながるチェックポイント」だそう。

 私たち人間は、温度や湿度、気圧に合わせてカラダの調子を整えますが、ストレスやホルモンの変化でバランス調整できなくなってくると、シミやシワ、むくみやたるみなどの“表面化”がはじまるのだそうです。

 また、睡眠の質もバランスを崩す原因。ほかにも食事や水分補給、デイリー&レスキューケアなどその原因はさまざま。私たちの肌がいかに繊細かがわかります。

 とはいえ日々のケアに追われて見逃しがちな「5つのポイント」。改めて気配りしてみると、意外やお肌に変化があるかもしれませんよ。