ダニエル・クレイグが007続投「もう1作品分の契約が残っているんだ」。

写真拡大

ダニエル・クレイグが、「007 スペクター」が最後のボンド役に“ならない”ことを明かした。

以前ダニエルは「007 スペクター」をもってボンド役を引退すると示唆していたが、ここに来て、少なくとももう1作品は出演すると語っている。イベント誌に対しダニエルは「だんだん体力的に辛くなってきているよ。でもそれが人生ってもんだよね。僕は体が動き続ける限りやり続けていくつもりだよ」「もう1作品分の契約が残っているんだ。でもそれについての予測はしないよ」「この映画作品は頻繁に制作されるわけではないんだ。僕もたったの4作品だからね。多くの作品のうちのひとかけらだよ。今の出演者たち、サム・メンデス監督と一緒にこのスケールの映画作ることにみんながワクワクすることがなければ、次はないよね」と話す。

「007 スカイフォール」よりも「スペクター」はスタントシーンが少ないというダニエルだが、それでもボンド役を演じるためのトレーニングは抜かりなく行っているといい、「スタントシーンは少ないんだ。僕にはたくさんの素晴らしい代役がいるからね。でも死ぬほど体力づくりはやっているよ」と続けた。

今回、「007 スペクター」以降にも、もう1作品出演することを宣言したダニエルだが、先月応じたエスクワイア誌のインタビューの中では、「007 スペクター」以後再出演の可能性について尋ねられた際に「分からないね。本当に分からないんだよ、はっきりいって。言うことを恥ずかしがっているとかそんなんじゃないんだ。今のところ、予測することすらできなんだよ」「だから今はノーと言えるかな。僕も人生、いろいろやっていかなくちゃいけないしね。まあでも、どうなるか見てみようよ」と話していた。