広島とFC東京が対戦する【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

拮抗した展開となる両者の対戦

 明治安田生命J1リーグ2ndステージ第13節が3日に行われる。フットボールチャンネルでは、毎節1試合を【PICK UP GAME】として特集。今回はサンフレッチェ広島対FC東京の一戦を取り上げる。

ーーーーー

 広島は前節、残留争いの渦中にいる清水エスパルスから大量5ゴールを奪って勝利した。最多得点記録達成が期待される佐藤寿人はノーゴールに終わったものの、途中出場の浅野拓磨が爆発。清水ディフェンスを破壊し、2得点を挙げた。

 日本代表にも選出された浅野が途中から出て来れば、相手にとっては大きな脅威となる。そのスピードは間違いなく要注意であり、ゴールという結果も出している。単なるジョーカーの枠に収まらない存在だ。

 この気鋭のストライカーが覚醒のきっかけを掴んだのが4月のFC東京戦だった。この試合で自身初のJ1でのゴールを記録し、以降の飛躍を後押しすることになった。縁起のいい相手から今節もゴールを奪うことが期待される。

 FC東京は、代名詞となった堅守で広島の攻撃陣を迎え撃つ。前回対戦では先制しながら逆転負けを許している。失点しないことを第一に考えるチームとしては、こうした展開は望ましくない。しっかり相手の攻撃を封じ、手数をかけずにゴールへ迫りたいところ。

 失点を極力減らし、最少得点差で勝利を掴んできたFC東京は、ここまで39得点を記録している。これは年間上位5チームの中でも突出して少ない数字だ。

 それでも、9月の3試合で4ゴールを奪った前田遼一が、得点源として本来の力を発揮するようになった。チームのスタイル的にチャンスの数はそれほど多くない。だからこそ、ゴールが計算できる前田のような存在は大きく、チームの拠り所になっていると言っていい。

 両者の対戦は拮抗している。2012年以降のリーグ戦は広島の4勝3敗で、勝ちと負けを交互に繰り返してきている。しかも、いずれも1点差の決着とあり、今回も90分間集中した戦いが見られそうだ。

両チームの予想スタメン

 FC東京は高橋秀人が出場停止から戻り、スタメンでの起用が予想される。

 一方の広島は柏好文が練習中に負傷。FC東京のフィッカデンティ監督が「攻守に効いていた選手」と評価するMFは欠場となる。代わりに清水航平が入りそうだ。

text by 編集部