U−18日本代表、小川と高木の得点でラオスに勝利/AFC U−19選手権2016予選

写真拡大

 10月2日にAFC U−19選手権バーレーン2016予選のグループリーグ第1節が行われ、U−18日本代表は、U−18ラオス代表と対戦した。

 日本はGK小島亨介(早稲田大学)やDF野田裕喜(大津高校)、MF堂安律(ガンバ大阪ユース)らが先発に名を連ねた。

 試合は39分にFW小川航基(桐光学園高校)がミドルシュートを決めて、日本が1点をリードして前半を折り返す。後半に入ると、MF高木彰人(ガンバ大阪ユース)が追加点を挙げる。その後は互いに得点が奪えず試合終了。日本は2−0で勝利した。

 グループJの日本代表は、4日にU−18フィリピン代表と対戦する。

【スコア】
U−18日本代表 2ー0 ラオス代表

【得点者】
1−0 小川航基(U−18日本代表)
2−0 高木彰人(U−18日本代表)