和洋があわさると…

写真拡大

駅売店などでも扱われている餃子専門店「点天(てんてん)」は2015年10月3日から、新テレビCM「響き合う、旬の味わい篇」の放映を、東京と名古屋、大阪エリアでスタートする。

出演者は、ダンスパフォーマーのMasaki(マサキ)さんと、鼓奏者の藤舎成光(とうしゃ・せいこう)さん。「和と洋」のコラボレーションを通じて、同社の定番商品「ひとくち餃子」と、新製品「手羽先餃子」の認知度向上を図る。

鼓にあわせて「マイケルダンス」

「よぉーお!」の掛け声から、鼓をリズムよく奏でる藤舎さん。映像は、鉄板で焼かれる「ひとくち餃子」へとうつり、食欲をそそる「ジュー」という音が、鼓の音色に重なる。そして、鼓のリズムにあわせて、Masakiさんが軽快なダンスを披露するという構成だ。

Masakiさんは、「人類史上最も成功したエンターテイナー」といわれる米アーティスト、マイケル・ジャクソンさんに影響を受けた「マイケルダンス」のパフォーマー。タップやムーンウォークなどを通して、「新しい味に挑戦し続ける点天」の躍動感を表現している。

CMは30秒版の「四季編」と、季節ごとにわけられた、それぞれ15秒版の「春編」「夏編」「秋編」「冬編」の計5パターンが制作された。15秒版では、「ひとくち餃子」と「手羽先餃子」が、それぞれの季節にあった盛り付けで登場。旬の味を楽しめる「手羽先餃子」の魅力を伝えている。