「ついに」といったところだろうか、リオデジャネイロ五輪世代の期待の星、20歳のFW南野拓実が、10月8日のロシアW杯アジア2次予選vsシリア、13日の親善試合vsイランに臨む、ハリルジャパンに初めて選出された。

 セレッソ大阪からオーストリアのザルツブルクに移籍したのが、今年1月。昨シーズン途中の加入ながら、13試合に出場して3得点の成績を残すと、今季はサイドハーフのポジションをがっちりとつかんでいる。現在、リーグ戦では5ゴールをマークし、9月22日に行なわれたオーストリアカップ2回戦のホルン戦でも、1ゴール1アシストを記録したばかり。サッカー協会・霜田正浩技術委員長が1週間にわたって視察し、満を持しての初招集となった。

「数年後、日本代表にとって、ものすごく効果的な選手になると考えている」

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、そのポテンシャルに最大級の賛辞を贈った。

 もっとも、南野の選出に「将来性を評価して」「経験を積ませるため」といった"未来への先行投資"の印象はない。オーストリアリーグの強豪で、2013−2014年シーズンにはヨーロッパリーグで旋風を巻き起こしたチームの、押しも押されもせぬレギュラーなのだ。リオ五輪世代、20歳といっても、即戦力を期待しての選考なのは確かだろう。

 攻撃的なポジションならどこでもプレーできるのが強みで、「現代フットボールに適した選手」とは指揮官の評。ハリルジャパンの基本システム、4−2−3−1で言えば「3」の右や左に入り、1トップの後方からフィニッシュに絡む役回りを演じることになる。

 現在、ハリルジャパンのサイドハーフは、本田圭佑(ミラン/イタリア)、原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)、宇佐美貴史(ガンバ大阪)、武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)、永井謙佑(名古屋グランパス※今回はケガのため未招集)らが名を連ねる最激戦区。左サイドは、原口、宇佐美、武藤と選手層が厚いため、南野は右サイドで本田とポジションを争うことになる。

 出場機会をつかむのは簡単なことではないが、どちらかというと、オン・ザ・ボールでのプレーやスピードを武器にする選手が多い中、オフ・ザ・ボールの動きの質が高いのも南野の特長。セレッソのアカデミー時代に叩き込まれた「攻守の切り替えの速さ」や「高い守備意識」は、他の選手たちとの差異として、アドバンテージとなるに違いない。

 また、ハリルホジッチは、南野の特長について、こうも話している。

「ゴール前でしっかりとフリーになって、顔を出してくれる選手。常に点を取る、もしくは取らせるポジションにいる」

 香川真司(ドルトムント/ドイツ)や清武弘嗣(ハノーファー/ドイツ)といったトップ下の選手とのコンビネーションからゴール前に飛び出し、岡崎慎司(レスター/イングランド)が空けたスペースに飛び込んでいく。あるいは、ドリブルで中央に切れ込み、ミドルシュートを突き刺す――オールラウンドに能力を発揮できる南野は、敵が押し込んで来る状況でも、引いて守ってくる状況でも、攻略の貴重なカードになるはずだ。

 8日のシリア戦は、グループ首位に立つ難敵との、今予選最大の山場。「絶対に勝たなければならない一戦。ここで悪い結果が出れば、グループ1位の可能性がなくなってしまう」と指揮官も認める、極めて重要なゲームだ。

 この大一番には、9月に消化したW杯予選、カンボジア戦(3−0)、アフガニスタン戦(6−0)でピッチに立ったメンバーを中心に臨むことになるだろう。ここで、グループ最大のライバルをしっかりと叩き、グループ首位を奪取する。

 そしてその5日後、テヘランでのイラン戦は、これまで強豪と対戦する機会にめぐまれなかったハリルジャパンにとって、格好の強化の場となる。8万人収容のアザディースタジアムが満員になることが予想されるこの一戦では、ここまでのチーム作りの進捗(しんちょく)度や方向性を確認すると同時に、思い切って新戦力を試すことのできるゲームでもある。

 ならば、南野にも出場機会は必ず訪れるはずだ。主力の顔ぶれが固まりつつあるチームに新風を吹き込み、活性化してくれることを期待したい。

飯尾篤史●文 text by Iio Atsushi