2死一、三塁で今成を見逃し三振に仕留め無失点に

 14年ぶりのリーグVに向けてM1としているヤクルトが2日、本拠地で阪神と対戦し、先発の小川が初回のピンチを切り抜けた。

 初回、先頭の鳥谷に四球を与えると2死三塁からゴメスも四球で歩かせて一、三塁に。ここで今成を146キロのストレートで見逃し三振に仕留めて無失点で切り抜けた。