Doctors Me(ドクターズミー)- 愛犬を糖尿病にさせないために、気をつけるべきことは?

写真拡大

犬も糖尿病になるのをご存知ですか?

糖尿病になると、やはり人間同様治療は大変ですし、命に関わる危険もつきものです!愛犬を糖尿病させないために、どんなことを注意すればよいのか、また糖尿病になりやすい条件などについても知っておきたいですね。

今日は犬の糖尿病について、詳しい話を獣医師に聞いてきました。

糖尿病のメカニズム

犬の身体は細胞の塊です。色々な臓器、器官は細胞が集まってできています。これら細胞は糖分を主なエネルギーとして取り込んで活動しています。

【糖尿病のメカニズム】
1. 食事をすると血液中の糖分が増加する(これが血糖値の上昇)
2. 血糖値が上昇すると、膵臓にインスリンの分泌が促される。インスリンは糖分を肝臓に貯蔵する働きを促す。また、様々な組織の中では糖分を細胞内に取り込もうとする
3. インスリンが不足した場合、細胞内に入ることのできない糖分が血液中にとどまったままになる

こうして血液中の糖分が尿として多量に排泄されるようになるため「糖尿病」いわれています。実際は糖尿病は、膵臓の病気なのです。

愛犬を糖尿病にしないために

愛犬を糖尿病にさせないためには、まずは肥満させないのが大切です。あなたの愛犬はいくら食べても太らないタイプですか?太りやすいタイプですか?それとも食餌にあまり興味のないタイプですか?

太るのは単純に1日の消費カロリーより摂取カロリーが多いからです。

・食餌の量
・カロリー
・運動量

を書き出してみましょう。おやつも分けて考えず、すべて1日の食べ物として考えてください。普段の食事を気にして制限したりダイエット食を与え、きちんと投与量を守っていても、おやつはカロリーを度外視し、ジャーキーとクッキーとガムと…などと際限なくあげてしまう飼い主がけっこういるものです。

太ってしまった犬を痩せさせるのは大変!現在適度な体型であれば、太らせないように体重管理を徹底しましょう。小型犬や超小型犬は、成犬体重が1〜2圓任后もし、体重が100g増えてしまったら大変です。「1圓1.1圓砲覆辰燭世院廖屬△泙蠢えてない」などと勘違いしないでください。1圓慮い砲箸辰100gの体重増加は大変な状態です。

食事やカロリー、どうやって減らせばいいの?

まずは脂肪を減らしましょう。

1. 低脂肪のフードにする
2. 脂肪の代謝を促す物質をフードに混ぜる
3. ジャーキーは小さくカットする
ジャーキーは乾燥して縮んでいるので元の大きさがわかりにくいですが、1本でかなりの量の肉を摂取することになります。

4. 食事を小分けにする
できるなら食事を小分けにして1日数回与え、空腹の時間を減らしてあげましょう。毎日が無理なら自分のお休みの日や時間のある日だけでも構いません。

5. 低カロリーの野菜を与える
また、カロリーの低い野菜をさっと湯通ししたものをあげるといいでしょう。硬い芯の部分など、人間が食べ残すもので構いません。

【獣医師からのアドバイス】

常にお腹をすかせているタイプの犬は食餌制限が大変です。食事以外のことに興味をもつよう、たくさん遊んであげましょう。

(監修:Doctors Me 獣医師)