HTCがSIMフリースマートフォン2機種を発表 『HTC Desire EYE』5万2800円・『HTC Desire 626』2万9800円の想定価格

写真拡大


HTCは、日本市場向けには初めてとなるSIMロックフリーのAndroidスマートフォン『HTC Desire EYE』『HTC Desire 626』を10月1日に発表。10月中旬に発売します。




『HTC Desire EYE』は、カメラ機能を重視したスマートフォン。販売想定価格は5万2800円。メインカメラだけでなくインカメラにも1300万画素のカメラを搭載し、2色のLEDフラッシュをインカメラにも搭載。自撮りでも美しく写真が撮れるほか、メインカメラとインカメラの写真を同時に撮影できる“スプリットキャプチャ”、メインカメラの写真にインカメラに写った自分の姿を合成できる“クロップミーイン”など多彩な撮影機能『Eye Experience』を搭載しています。




OSはAndroid 5.1。5.2インチフルHD(1920×1080)ディスプレー、1300万画素のメインカメラとインカメラ、2.3GHzのクアッドコアCPU、2GBのRAMと16GBの内蔵メモリー、2400mAhバッテリーを搭載、IPX7、IP5X相当の防水・防塵にも対応します。本体カラーはスカーレットとマリーンの2色。本体サイズは151.7×73.8×8.5mm、重量は約154g。




『HTC Desire 626』は、デザイン性を重視し、使いやすい機能に絞ったスマートフォン。販売想定価格は2万9800円。メインカメラは1300万画素で、美肌効果や2人の顔を合成する“フェイスフュージョン”など『Eye Experience』の一部機能を搭載しています。




OSはAndroid 5.1。5.0インチHD(1280×720)ディスプレー、1300万画素のメインカメラ、500万画素のインカメラ、1.2GHzのクアッドコアCPU、2GBのRAMと16GBの内蔵メモリー、2000mAhバッテリーを搭載。本体カラーはマカロンピンクとマリーンブルーの2色。本体サイズは146.9×70.9×8.19mm、重量は約140g。


全国の家電量販店で販売するほか、同社のオンラインショップで販売。オンラインショップではドコモ回線を利用したMVNO業者のSIMを取次として販売を予定しています。