<トップ杯東海クラシック 2日目◇2日◇三好カントリー倶楽部 西コース(7,315ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー『トップ杯東海クラシック』2日目。前半は一進一退でスコアを伸ばせず5位タイで折り返した石川遼だったが、後半では2つバーディを奪いトータル6アンダーでフィニッシュ、首位と2打差2位タイにつけている。
初日のプレーをフォトギャラリーで振り返る!
 2日目の後半は昨日6バーディを奪ったINコースだったが、初日ほどバーディが奪えなかった。それでも2つのパー5ではきっちり伸ばしトータル6アンダーでフィニッシュ。今週も上位で決勝ラウンドに駒を進める。
 ちなみに、この日“69”をマークしトータル8アンダーに伸ばしたパク・サンヒョン(韓国)が現在首位に立っている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>