オンライン動画のコンテスト「Brain Online Video Award(BOVA)」が2015年10月1日より開催!

写真拡大 (全2枚)

Brain Online Video Award (BOVA)とは

「BOVA」は、宣伝会議60周年を記念し2013年に立ち上げた、オンライン動画のコンテスト。映像制作業界の活性化と、これからの時代を担うオンラインビデオクリエイターの発掘と育成を目的として、クリエイティブ専門誌月刊『ブレーン』誌面及び特設サイトを通じ告知・開催されます。

スマートフォンを通じ、オンラインビデオを手軽に視聴できるようになった今、作り手のプロ・アマ問わず、優れた作品がソーシャルメディアを通じてシェアされ、爆発的に拡散される時代となりました。
ネット上で話題になった動画がテレビなどのマスメディアで取り上げられる逆転現象も起こっています。企業も自社の商品・サービスをコンセプトとしたオンラインビデオを多くローンチしはじめ、商業活用の動きも広がっています。

本アワードは宣伝会議60年間の国内外のクリエイティブ業界における情報ネットワークや、宣伝会議賞などアワードの長年のノウハウを基に、成長期にあるオンライン動画領域の活性化を後押しするものです。

本アワードの詳細および課題は、2015年10月1日発売の『ブレーン』11月号の誌面ならびに、特設サイト(http://bova.sendenkaigi.com)にて公開します。

審査概要

応募部門:
「一般公募部門」・・・協賛企業から出された課題の解決策となる 3分以内の動画を募集(プロアマ年齢不問)
「広告主部門」・・・2015年1月1日〜2016年1月18日に公開された企業・団体のオンライン動画
募集期間:2015年10月1日〜2016年1月18日
審査方法:一般投票や審査員の審査を経て決定
審査員:川村真司(PARTY)、木村健太郎(博報堂ケトル)、齋藤精一(ライゾマティクス)、佐々木康晴(電通)、澤本嘉光(電通)、谷川英司(TOKYO)

一般公募部門・協賛企業

株式会社ウエディングパーク、株式会社ジェーシービー、株式会社ニューバランス ジャパン、株式会社パイロットコーポレーション、パナソニック株式会社、株式会社ピーチ・ジョン、ピジョン株式会社、レキットベンキーザー・ジャパン株式会社、ローランド株式会社

2014年 第2回BOVA受賞作

広告主部門 グランプリ 「忍者女子高生」

博報堂+博報堂ケトル+博報堂DYメディアパートナーズ+BIJIN&Co.+Qotori Film

 

概要
一見普通の女子高生たちが熱海の街を舞台に壮大な“追いかけっこ”。
その姿はまるで現在の“忍者”。日本の伝統建築を駆け回るカメラワークは爽快!

一般公募部門 グランプリ 「tilt」

荒川大

 

概要
見るからに運動しなそうなサラリーマン。ある日の帰り道、突然、謎の機械音とともに世界が傾いて…?
スポーツと無縁の生活を送る主人公が、不条理に降り掛かる困難を乗り越えるなかで、身体を動かす楽しみを発見する。

一般公募部門 審査員特別賞「LOVE♡48愛の48手組んでみた」

AOI Pro. 太田良

 

概要
愛をたくさんつたえよう。日本には昔から48手という愛を伝えるための色々な型があった…

昨年のグランプリ作品、その他の入賞作品詳細は、特設サイトでご覧ください
http://bova.sendenkaigi.com