写真提供:マイナビニュース

写真拡大

データアーティストは10月1日、ワイヤーアクションが収集するテレビのメタデータを用いた新しいマーケティングツール「コトモノ」の無償版をリリースした。有料版は近日中に提供開始を予定している。

同ツールは、テレビで取り上げられる事柄(コト)と関連度の高い商品(モノ)を結び付けて潜在的なニーズを喚起させ新しい市場の創出を実現するもの。「テレビに取り上げられるキーワードの出現傾向の分析機能」と「テレビに取り上げられるキーワードの詳細な文脈分析機能」を提供する。

「テレビに取り上げられるキーワードの出現傾向の分析」では、検索対象キーワードのテレビでの出現回数の時間変化を週別に、過去3年にわたって閲覧することが可能。これにより、キーワードがテレビに登場する傾向(季節性・増減)や新たな流行ワードの登場を把握し、製品とタイアップすべき事柄を特定できる。

「テレビに取り上げられるキーワードの詳細な文脈分析」では、検索対象キーワードが登場した番組の詳細な情報(番組名・番組内の放送内容・一緒に登場したキーワード)を把握できる。これによりもっとも適切な文脈で製品と事柄のタイアップを実現する。