「インテル」サイト

写真拡大 (全2枚)

 インテルは2日、ソフトウェア開発者に向けた技術情報支援とIoT対応ソリューションの導入促進を目的とした連携で、LINEと合意した。

 開発者がよりスムーズに情報を入手できるよう、IoT、ゲーム開発、インテルRealSenseテクノロジー、Android/Windows開発などの最新情報を、コミュニケーションアプリ「LINE」を使い発信する。第一弾として、インドとインドネシアにて、ソフトウェア開発者向けのLINE公式アカウントを開設。LINE公式アカウントを通し情報を共有。ソフト開発者やメーカー向けに開かれたオンラインコミュニティを形成するという。

 あわせてIoTソリューションの開発も協働して行う。ホームオートメーション、デジタルサイネージ、インテリジェント自動販売機などを含むIoTについて、「LINE ビジネスコネクト」を通し様々な取組みを行い、それらのソリューションを他パートナー企業に提供する。キリンビバレッジバリューベンダーが、インテリジェント自動販売機を提供することが決定している。